What's Old (過去の更新履歴)


  • 2004/08/22 仮想ネットワークアダプタの追加
    VMwareで仮想ネットワークを追加するためのホストOS上での具体的手順を追加しました。以前は単にコントロールパネルからやってとだけ書いてましたが、ちょっと迷う可能性もあるので、詳しい手順を追加することにしました。
     
  • 2004/03/21 8GBの壁を越える
    8GBの壁の次なる壁について少し書きました。32GBの話はもう古いですが、一応書いてます。尚、いまだにジオメトリの概念が残っている理由は私の勝手な憶測です。もう少し識者の意見を聞いて検証する必要があるので、鵜呑みにしないで下さい。
     
  • 2003/08/24 Cドライブ派
    移行手順に一部抜けがあったので追記しました。この手順が抜けていると移行したWindows2000側がほぼ確実に起動不能となってしまいます。
     
  • 2003/07/02 メインサイトの変更
    従来メインサイトはとくとくを利用してきましたが、ミラーサイトであったinfoseekをメインサイトに変更いたします。理由は今までとくとくはinfoseekに比べ、広告がしつこくないなどのメリットがありましたが、最近は広告がinfoseek以上にしつこくなった他、とくとくのcgiではクッキーが効かないなどデメリットの方が目立つようになってきたからです。従って掲示板利用などもすべてメインサイトに移行しますので、ご注意下さい。既投稿分のログデータはすべて移行してあります。
     
  • 2003/03/15 Virtual PC
    ネットワークについて、調査して追記しています。やはりVMwareには程遠いですね。
     
  • 2003/03/09 Virtual PC
    以前の評価からバージョンも随分上がった(3.0->5.1)のでVMwareと共に再評価しました。その結果、個人利用でデスクトップ環境での利用が中心ならVMwareよりもいいという結論です。Solaris8のCDEが綺麗に表示されたのは個人的には嬉しかった。Solaris画面のキャプチャができるので。
     
  • 2003/03/08 VMware VMwareの詳細
    バージョン3.2の評価をしました。機能的に大きな違いはありませんが、3.1から用意された日本語版はやはり非常にありがたいですね。しかし今回の調査で仮想ネットワークがブリッジ接続できることがわかり、その解説を加えています。
     
  • 2003/03/02 社外サイレンサー
    ZX-12Rの交換したサイレンサーを紹介しています。
     
  • 2003/02/08 システムコマンダー
    販売会社の変更についての情報を頂きましたので、若干改訂しています。もともとソフトボートは現在の「ライフボート」という社名で1981年3月に創業しており、1998年1月資本政策の変更を期に「ソフトボート」に改名していました。2002年5月に一旦、親会社(株)アイネットにより、アイネットの子会社(株)プロトンに吸収合併されて消滅していましたが、合併会社とのカルチャーの違いから、旧ソフトボートの社員に不満がつのり、(株)メガソフトの支援を得て、2002年9月に新生(株)ライフボートとして再創業をしたようです。
     
  • 2003/02/02 TurboLinuxでLAN PCカードを使う
    カード抜き挿し後の問題が解消されました。
     
  • 2003/01/26 備忘録
    ホームページのトップにタイトルをつける程の内容ではないが、結構有益と思われる情報を自分の備忘録として記載していくつもりです。
     
  • 2002/12/28 ハードディスクの増設と引越し
    内容が古くなっていたので、改訂しました。
     
  • 2002/12/15 私の愛車
    Detailも追加しました。そろそろ慣らし終了です。
     
  • 2002/12/08 私の愛車
    7月に買ったバイク、Kawasaki ZX-12Rを載せました。実は最近ホームページの更新が滞っている元凶がこれです。週末はこれに乗りまくっているので。もっとも私の趣味としては、コンピュータよりも遥かに長い歴史があるのですが(高校時代からなので)。
     
  • 2002/10/19 メインサイトの変更
    TKCityのメインサイトがアクセス不能になって一ヶ月が過ぎました。サイト管理会社とは全く連絡が取れません。多分潰れたのだと思います。フリーサイトなので、こういうことがあるのも覚悟していましたが、制約の少ないサイトだったので残念です。

    この度、以前からミラーサイトとしていたとくとくのサイトをメインサイトとしました。こちらで掲示板なども再開いたしましたので、ご利用下さい。なおもうひとつのミラーサイトであるinfoseekでも掲示板を利用できるようにしてありますが、こちらは基本的に参照のみとお考え下さい。書き込みも可能ですが、ログ同期のため、定期的にとくとくのサイトからミラーリングしますので、書き込みデータは消えてしまいますので、ご注意下さい。

    また今回メインサイトにしたとくとくも、ミラーサイトのinfoseekもいずれもフリーサイトなので、またいつ今回のTKCityのようなことになるか分かりません。リンクを張る場合は必ずミラーサイトとセットでリンクして頂ますようお願い致します。

    尚、これを機にトップページの意味のないフレームも外してすっきりしました。
     
  • 2002/08/11 ブートとハードディスクFAQ集(トラブル編)
    トラブル編も残っていたものについて完成させました。今後はBBSなどでの質問状況をみて、必要があれば追加していきたいと思います。
     
  • 2002/08/10 ブートとハードディスクFAQ集(インストール、構築編)
    一応「インストール、構築編」はほぼ完了です。リンク先となるコンテンツをいくつか作らないといけませんね。
     
  • 2002/08/04 ブートとハードディスクFAQ集(インストール、構築編)
    追記しました。がんばって更新します。
     
  • 2002/07/14 ブートとハードディスクFAQ集
    もともと「PC/AT互換機FAQ集」の一部としてスタートした「ブートとハードディスク」のページも、その内容の奥深さから現在のような独立したページとなり、参考書的解説的な記述方法に変わってきてしまいました。そのため個々のトラブルや問題の検索がしにくくなりました。
     
    そこでこの構成は残しつつ、一方でFAQのページも作って、検索の便宜をはかることにしました。まだまだ工事中の部分が非常に多いですが、ご活用頂ければ幸いです。
     
    またこれに伴い、マルチブートの仕方のトラブル編の内容はこのFAQ集に統合しましたので、このページは廃止しました。
     
  • 2002/06/30 フロッピーディスクドライブなし環境
    BIOSで認識可能なフロッピーディスクドライブもCD-ROMドライブもないパソコンにOSをインストールする、特に通常Windows上からできないダウングレードインストールの方法を解説しています。
     
  • 2002/06/16 マスターブートレコードの解析
    マスターブートレコードなどのヘキサダンプのツールについて、読者の方よりNT系OSのDiskProbeが便利である旨の情報提供がありましたので、確認して追加しました。そのうちに便利ツールのページでも作って、各種ツールの解説なんかもしてみたいと思います。
     
  • 2002/05/19 お知らせとお詫び
    今週はメインサーバ(tkcity)が長らく(2日半)ダウンしておりまして申し訳ありません。サーバ管理会社からはこれに対して、いまだ何の連絡も、勿論謝罪もありません。フリーサーバなので仕方ないのですが、連絡もないというのもひどいものです。しかしこれだけ制約の少ないサーバもないので利用しています。
     
    昔からダウンは時折するサーバでしたので、かなり前にミラーサーバを立てています。しかし今回のメインサーバのダウン中、ミラーサーバへのアクセスは非常に少なかったです。たぶん多くの方はメインサーバのアドレスしかご存知ないからでしょう。
     
    検索サイトなどから初めてご来訪される方は仕方ないですが、定期的にご来訪される方は是非ミラーサーバもご登録下さい。
      
  • 2002/05/19 GRUBの詳細
    GRUB Shellの補完機能について説明を加えています。やはりこの機能は非常に便利です。
     
  • 2002/05/05 GNU Partedの使い方
    単なる使い方だけだと分かりにくいので、ケーススタディも2つほど付け加えました。
     
  • 2002/05/04 GNU Partedの使い方
    唯一フリーでデータを保持したまま、パーティションのコピー、リサイズ、移動が可能なツールということで、しっかり評価して解説を加えました。NTFSが全く扱えないことや、ext2fsの移動ができないのが残念ですが、いずれサポートされることを祈りましょう。
     
  • 2002/04/21 ストレージデバイス(VMwareの詳細)
    VMwareの仮想ハードディスクについて説明しています。物理ハードディスクを利用するととても面白いことができるのですが、残念ながら私の環境では完全にはうまくいきません。何か設定に問題があるのかな。
     
  • 2002/04/13 モルジブ
    非常に久々にコンピュータ以外のコンテンツの追加です。2002年2月に休暇をとって行って来たモルジブです。特にきちんと紹介するつもりはありません。そんなサイトはいくらでもありますから。まあ私の自己満足です。
    またwhat's new(更新履歴)が大きくなってきたので、分割しました。
     
  • 2002/04/06 ブートコード領界
    WindowsNTのブートコード領界の記述に誤りがありました(ちゃんと実験して書いたはずなのにな)。再度実験したところNTFSでもSP5未満では4GB制約があることが分かりました。またSP5以上でも5GB程度で起動できなかったり、6GBあたりだったりと、明確な数値を突き止めることはできませんでした。たぶんカーネルの位置などにも依存すると思いますが、5GBとかいう半端な数値になるのは解せないです。NTに関してはこれ以上調査する情熱が湧がないので、ここまでとします。
     
  • 2002/03/24 VMwareの詳細
    DHCPのカスタマイズの方法がわかりましたので改訂しています。このツール奥が深くて、まだまだ全機能を使いこなせません。今後も改訂は続けます。
     
  • 2002/03/23 VMwareの詳細
    Customネットワーク構成の構築方法を加えました。これで仮想企業ネットワークや仮想IDCがあなたPCの中で実現できます。
     
  • 2002/03/17 VMwareの詳細
    VMware Workstation 3.0を本格的に検証しました。柔軟なネットワーク構築が可能で、驚くばかりです。やはりこのツールはすごい! まだ途中ですが、参考にして下さい。
     
  • 2002/02/24 拡張パーティションテーブルの解析
    拡張パーティションテーブル、つまりそこに書かれた論理領域の解析です。結構疲れます。
     
  • 2002/02/23 パーティションとその切り方
    従来の「パーティションについて」と「ハードディスクのパーティションの切り方」の2ページを統合しました。重複した内容もあり、やはり双方で説明していることが非常に入り組んでいるため、お互いの参照ではうまく説明ができませんでしたので。
     
  • 2002/02/17 マスターブートレコードの解析
    マスターブートレコードのダンプ解析の方法を説明しています。ブートストラップローダは以前から詳細に解説していたので、主にパーティションテーブルデータの解析方法がメインです。
     
  • 2002/02/16 ハードディスクのパーティションの切り方
    結構大幅に改定しました。
     
  • 2002/02/16 論理 MS-DOS ドライブ削除時の注意
    あるFDISKコマンドのバグについて追加しました。
     
  • 2002/02/10 拡張 MS-DOS 領域の削除
    Windows9xのFDISKの拡張領域削除不可ジレンマについて、気が付くとどこにも言及してなかったので追加しました。基本的にパーティション作成時の問題ですが、マルチブート時などにもぶつかる問題だと思うので、マルチブートのトラブル編にも書きました。
     
  • 2002/02/02 ハードディスクの増設と引越し
    すこし追記、修正しました。
     
  • 2002/01/27 ハードディスクの増設と引越し
    ハードディスクの引越しについて、最近いろいろな掲示板で質問されているのを見かけるので解説してみました。まだ調査中の項目もありますが、一応整理がついたので公開します。
     
  • 2002/01/14 システムコマンダー
    株式会社ソフトボート様より、このサイトでの解説のために「システムコマンダー7」の製品版を提供して頂きましたので、評価記事を更新しました。
     
  • 2002/01/13 第2ハードディスク以降からのLinuxの起動
    インストール後にハードディスクの接続を変更した場合のLinuxの起動について書いています。ちょっとした裏技って感じです。
     
  • 2002/01/13 デュアルブート環境の削除
    Windowsのデュアルブート環境の削除についてもうすこし詳しく書き直しました。
     
  • 2002/01/12 ハードディスクのパーティションの切り方
    今までFDISKの使い方しか解説してませんでしたが、WindowsXPのディスクの管理の解説も加えました。まあ直感的で特に説明など必要ないのですが、一応作ってみました。
     
  • 2002/01/06 Cドライブ派
    NT系OSの場合もみんなCドライブでマルチブートしたい人は多いはず。移行パスによっては必然的にそうなる場合もあります。WindowsXPへの移行を例にとって、その場合の構築方法と問題点を説明しています。
     
  • 2001/12/30 BIOS切り替え
    究極のマルチブートというにはほど遠いですが、やはりマルチブートが可能な一つの方法として、オールマイティなこのサイトとしては、触れない訳にはいかないでしょう。
     
  • 2001/12/23 NT系OS同士のマルチブート時の注意
    Windows XPについて書いています。ここは大した問題はありません。
     
  • 2001/12/22 ディレクトリ構成変更
    アクセス数が多いページのURLを短くするためにサイト内のディレクトリ構成を変えました。各ページにはトップページよりたどって下さい。またリンク切れを見つけた方はご一報頂けるとありがたいです。
     
  • 2001/12/16 リムーバブル・ハードディスク・ケース
    究極編のひとつとして、リムーバブル・ハードディスク・ケースについて書きました。やっぱりこれ、楽なんですよね。
     
  • 2001/12/09 究極編
    究極のマルチブートについて書いています。まずはVMWareをはじめ仮想PCと呼ばれるものについて解説しています。結構使えます。高いけど、それなりの価値はありますね。でもやっぱ高い。
     
  • 2001/12/02 画面付き説明ページWindows2000版WindowsNT版
    VMWareのおかげで、セットアップ画面などもキャプチャしやすくなったので、特別に画面付き説明ページを設けました。勿論従来のページがデフォルトです。画面で詳しく見たい人は参照して下さい。
     
  • 2001/12/01 IDE RAID
    沢山のローダでテストしました。どのローダも問題なく利用できました。もっと注意点があった方が面白かったですが、まあ使えるなら、それに越したことはないでしょう。その点ちょっと追記してあります。
     
  • 2001/12/01 GRUB
    VMWareを入手したので、ブート画面の画面キャプチャができるようになり、早速GRUBのブート画面をキャプチャしました。ちょっと横長ですが、テーブルで作るより、綺麗ですね。
    テーブルの方が、勿論画像よりもページが軽くなるので、テーブルで十分イメージを表現できるものは、今後もなるべくテーブルを使いますが、テーブルでは作成困難なものは、積極的に画面キャプチャを利用するつもりです。
     
  • 2001/11/25 特殊環境編
    主にRAID環境などの、特殊なハードウェア、ソフトウェア環境のマルチブートについて解説を開始しました。現在ではPromiseのFasttrak66の場合だけですが、今後もっといろいろな環境を検証していこうと思います。
     
  • 2001/11/17 パーティションテーブル解析結果
    やまざき氏のハードディスク(IBM DTLA-307030 30GB)が、パーティションのサイズを全部足すと48GBにもなるというトラブルで、そのパーティションテーブルのダンプを頂いて、解析した結果です。
     
  • 2001/10/28 神様仏様回復コンソール様
    Windows2000で、Cドライブをフォーマットしてしまって、Windows2000が起動しなくなった時、修復ディスクもなく、また修復セットアップで自動認識のしてくれない時、途方にくれるかもしれません。こんな時、最後の頼みの綱として「回復コンソール」で復旧させる方法を紹介してます。
     
  • 2001/10/20 LILOが『LI』で止まる訳
    同僚より、対処法が今一分からないとの指摘を受けたので、改訂しています。本来はこのページを単独で読むものではないので、対処法は全サイトを読めば分かるのですが、不親切な気もするので直しました。
     
  • 2001/10/13 NTLDRによる各OSの起動
    NTLDRによるWindowsとLinux以外の起動の話を載せていますが、主にSolarisをNTLDRで起動するための裏技の紹介です。バイナリエディタでブートセクターを改造しますが、大して難しくはありません。
     
  • 2001/10/13 MBM
    MBMが0.36bにアップグレード。自動マスク機能が更新されています。従来と動きが違うので注意。表示や、区画エディタも少し変わっています。また正式リリース物ではありませんが、Windows 2000から、Windows NT 4.0 SP3以前を守る機能がつきました。かなり危険なことをやるので、正規版には取り入れられません。これに関連して「NTFS上のWindows NT SP3とWindows 2000の共存」も更新しています。
     
  • 2001/10/08 グラフィックメニュー
    LILO 22が出て、ついにグラフィックメニューがサポートされました。ただしビデオBIOS上の汎用性を高めるため、画像は640x480x16色に限定です。そのためメニュー文字の色指定がインデックスパレットで指定するので、注意が必要。ああ、このパレットの説明がしんどかった。もうブート系のページの領域を越えてます。ここまで説明してくれるところはないと思うよ。
     
  • 2001/10/06 Windows初級編ほか
    やっと、Windows XPの検証をしました。Wistlerの頃から検証はしてましたが、あまりブート系の動作に関しては違いがなかったので、特に書いていませんでした。今回の検証はProfessional Release Candidate 1で行いましたが、Wistlerの頃と変化はなく、ブートに関しては、拍子抜けするほどWindows 2000と違いがありません。一応NTLDRなどのブート系ファイルが更新されているので、何か違いがないかと探したのですが、動作の違いを確認することは出来ませんでした。もう少し細かな検証もしてみたいと思います。
    心配していた新NTFSに関しても、実際書き換えていないのか、それとも新NTFSが古いOSからでも読めるのか、共存させたWindows 2000無印や、Windows NT 4.0 SP4以降が起動できなくなるといったことはありませんでした。
     
  • 2001/09/30 Windows 2000とWindows NTのマルチブート時の注意
    今更という感じですが、Windows 2000がNTFSをNTFS5にしてしまう時の問題を取り上げています。
     
  • 2001/09/24 Cドライブをフォーマットしてしまった場合
    WindowsNT/2000環境に、後からWindows9xをインストールする場合で、かつCドライブをフォーマットしてしまった場合、話が若干ややこしくなりますが、その場合の対処法を加えました。
     
  • 2001/09/16 Multi-FATユーティリティ
    一応その後、問題も起きないので、ベータ2から特に修正などしていませんが、正式公開とします。
     
  • 2001/09/08 Windows初級編 Windows中級編
    Windows9xのマルチブートについて整理しています。新しい情報がある訳ではないので、従来の読者は特に読む必要はないでしょう。
     
  • 2001/09/07 Linuxマルチブート時のトラブル
    さらに追加しています。
     
  • 2001/09/07 Multi-FAT機能 Multi-FAT環境の構築
    Multi-FAT機能には、2つの種類があることがわかりました。それについての記述を追加しています。
     
  • 2001/09/06 Multi-FATユーティリティ
    早速ベータ2の公開です。WindowsMEでの問題解決の方法をReadmeに記述しています。もう殆ど問題なく動くレベルだと思います。
     
  • 2001/09/06 Linuxマルチブート時のトラブル
    少し追記しました。
     
  • 2001/09/05 Multi-FATユーティリティ
    Winbootに刺激されて、自分で同言語でも可能なMulti-FAT支援ユーティリティを作成してみました。まだベータ版ですが、勇気のある人は使ってみてください。Visual C++で作っていますが、スタティックリンクしてあるので、殆どの環境で動くはずです。できればバグ報告など頂けると助かります。またこんなツールなら他にもあるという情報も下さい。探したけど無かったので、自分で作りましたんで。
     
  • 2001/08/25 Winbootによるマルチリンガル環境
    WinbootというMicrosoft提供のユーティリティについて紹介しています。マルチリンガル環境の構築に利用できます。市販ツールではなく、フリーのユーティリティですが、Multi-FATと関連があるので、その次の項に記述しました。
     
  • 2001/08/12 Windowsマルチブート時のトラブル
    トラブル編の充実、第1段です。こちらの定期的な読者にはあまり関係ありませんが。
     
  • 2001/08/11 エラーメッセージ
    Windows2000の構成変更時に起こる典型的なエラーについて説明を加えています。
     
  • 2001/08/11 Solaris
    Solarisブートマネージャについて、ちょっとだけ追記しました。図もつけてます。
     
  • 2001/08/05 LBA時代のCHS
    ちょっと技術的な話を加えています。興味ある人は読んでみて下さい。
     
  • 2001/08/05 Solaris
    以下のMBMの区画エディタの仕様更新により、Linuxとの同居や、複数Solarisのインストールがグッと楽になりました。それとSolarisブートマネージャについて、もう少し詳しく書いています。
     
  • 2001/08/05 MBM
    バージョンアップして、V0.35bになりました。マイナーチェンジで私の解説には殆ど影響がないのですが、区画エディタがIDのみの変更やアクティブ属性のみの変更ができるようになりました。以前はIDを変更したり、アクティブ属性を変更すると、一緒にアドレス値も不正なものは正しく改訂していました。ところがこれがSolarisのインストーラが作る不正なアドレス値(Solarisからすれば、こっちが正しい)の破壊に繋がっており、そのためにSolarisパーティションを一切触わることができませんでした。Linuxとのデュアルブートや、一つにハードディスクに複数のSolarisをインストールするためには、どうしてもパーティションIDの一時的変更をしたかったのですが、これができませんでした。今回の修正でこれが可能になった訳です。
     
  • 2001/07/29 プログラム構造
    ブートストラップローダを逆アッセンブラしたデータの解説を加えました。
     
  • 2001/07/28 ブートストラップローダの詳細
    IBM、MSのブートストラップローダの詳細について解説しました。この中にfdisk動作の新たな発見も含まれています。
     
  • 2001/07/22 ブートコード領界
    IBMブートストラップローダについて、Windows2000のfixmbrで作ったものが、Windows9xで作ったものと違うものであることが分かりましたので、更新しています。Windows2000のものの場合、ちゃんとNTFSに対してもLBAを使います。
     
  • 2001/07/22 Solaris
    やっと書けました。Solaris8のインストールにはまっていました。どうしても変なミニルートが出来てしまって、しかもインストーラがおかしなジオメトリを認識するものだから。まだ間違ったところがあるかもしれませんが、一応それなりに整理がついたので、記載しました。
     
  • 2001/07/21 NetBSD
    また少し更新しました。ディスクラベルについて少しずつ分かってきました。
     
  • 2001/07/21 おせっかいBIOS
    予告どおり、記載しました。幸い私の持っているマシンにこのようなBIOSを積んでいるものはありませんでした。
     
  • 2001/07/21 エラーメッセージ
    エラーメッセージ「Error loading operating system」についての説明を加えました。
     
  • 2001/07/21 MBM
    バージョンアップしました。変更点は前回起動のエントリを次回デフォルトにできるというものです。特定のエントリを固定デフォルトエントリにしない限り、この動きになります。
     
  • 2001/07/15 NetBSD
    NetBSDについて書き始めました。まだ分からないこと多いですが、FreeBSDと比較しつつ調査をしていきたいと思います。
     
  • 2001/07/15 ミラーサイト
    freewebにミラーサイトを立ち上げました。TKCityの本サイトは、バナー広告やCGIなどの制限が非常に少なくWebサイトとしてはとても使いやすいのですが、どうもサーバダウンなどのトラブルが多いので、緊急でこのサイトの情報を見たい場合に困ることがあると思います。ブックマークやお気に入りに登録しておいて頂きたいと思います。
    ただし掲示板は、それほど緊急性がない(どのみちそんなに迅速に回答がない)ですし、ログの同期を取るのが困難なので、ミラーサイトでは使えないようにしています。
     
  • 2001/07/14 Windows2000の起動不能バグ対策
    Windows2000の起動不能バグの対策について記述しました。まあ単にMicrosoftのページのリンクですが、今ひとつ分かりにくかったので、実際テストをして、確認をしました。
     
  • 2001/07/14 エラーメッセージ
    ブート時のよく見かけるエラーメッセージの原因と対策についての説明を加えました。実際はこういうページが役立つのかもしれません。
     
  • 2001/07/14 休止状態からの起動
    Windows2000の休止状態からの復帰起動について、分かったことを記述しています。結構面白い話です。
     
  • 2001/07/01 トラブル編
    このページにやってくるトラブルを抱えた人のために、トラブル検索ページなるよう、纏まったページを作成していきます。
     
  • 2001/07/01 豆知識編
    従来の「マルチブートの仕方(動作編)」に動作以外の話も付け加えてるなど、とにかくジャンル訳しずらいよもやま話的なものを書くページとして再構成しました。TIPSを集めて、面白いページにしていきたいです。
     
  • 2001/06/17 Boot.iniの記述
    掲示板での情報から、PartitionMagicが領域作成時にBoot.iniをメンテナンスしていることが分かりました。情報提供ありがとうございました。早速いろいろ実験をしたところ、私の持っている最古バージョンであるV4でも、同様の動作することが確認できました。また複数のエントリがあってもちゃんとずれを見越してメンテしていること、あくまでCドライブのboot.iniしかメンテしないことなどもわかりました。
     
  • 2001/06/09 BOOTPARTユーティリティの使い方
    ページに散在しているBootPartユーティリティについての記述を整理して、まとめたページです。
     
  • アクセス不能のお詫び
    現在TKCITYのサイトを、SPAMメールの中継地にしている輩がいるようで、その調査や防止のためにWebサーバが停止しています。私としては、どうしようもないですが、皆様にはご迷惑をおかけします。このようなことが続くようなら、サイトの移動、またはミラーサイトの新設などを真剣に考えないといけないと思っています。
     
  • 2001/06/03 BootPartを使ったNTLDRによるマルチブート
    BootPartユーティリティについて、調査し直しました。以前使ったときはかなりバギーなプログラムだと思っていたのですが、私の勘違いだったようです。結構使えます。機能が様々なので、私のページの構成だと、「BootPartを使ったNTLDRによるマルチブート」という新設のパラグラフの他、「インストールの順序」や「環境変更時の注意」などに散在してしまいました。そこで一つBootPart用のページも作ろうと思います。(まだ作ってません)
     
  • 2001/05/27 ブートシーケンスの変更
    ブートシーケンスを変更する場合で、注意が必要な典型的な場面の解説を加えました。
     
  • 2001/05/27 ブートセクターの役割とこれを作る人
    MSのブートセクターは、どうやって作られるのかについて、以前から説明はしていましたが、誤解が多いようなので、もう少し詳しく説明しました。そこで従来の記述と合わせて、一つ段落を設けています。
     
  • 2001/05/26 ブートとハードディスク掲示板
    最近掲示板にはマルチブートの質問が多いため、専用の掲示板を用意しました。もとの掲示板は、また昔のように、基本的にWindowsの質問となる「Windows掲示板」に戻しています。これに伴い、CGIスクリプトなどを大幅に変更したので、従来の掲示板は閉鎖し、閲覧のみとしています。質問が途中の方は、お手数ですが、新掲示板に再投稿をお願い致します。
    またブートの問題は正しい情報がないと到底回答できない上、このサイトでもかなりの解説を行っているので、質問者に対する要求を厳しくしており、初心者大歓迎の「Windows掲示板」とは一線を画していますので、ご注意下さい。
    また「なんでも掲示板」はあまりにも投稿がすくないので閉鎖しました。閲覧のみです。
     
  • 2001/05/13 Boot.iniの記述
    Boot.iniのARC記述について、解説を加えました。あまり質問は無かったですが、知りたいと思っていた人は多いはずです。
     
  • 2001/05/13 NTLDRを使ったWindows9xとWindows NTのデュアルブート
    boot.iniに誤ったdefault値を指定した場合の動作について追記しています。これは知ったのは随分前だったのですが、記述するのを忘れてました。
     
  • 2001/05/12 パーティション構成とドライブレター
    最近、ネットニュースでも、私の掲示板でもマルチブートの質問が増えていますが、パーティション構成を書かない質問が非常に多いです。私のマルチブートのページを精読して頂ければ、それが如何に質問としてプアーなものか理解して頂けるはずなのですが、やはりここは、これを明示的に説明する段落も必要と考え、更新しました。今後しつこいくらい、このことを随所で言及していこうと思っています。
     
  • 2001/05/12 FreeBSD
    情報が徐々に集まりましたので、更新しています。特に大きいのは、ディスクラベルは1セクターであることがわかりました。
     
  • 2001/05/05 その他のOS編
    マルチブートの仕方で、何とかWindows及びLinux以外のOSについても記述を開始しました。まずはFreeBSDです。しかしまだ裏の取れていないことも多いので、若干嘘があるかもしれません。もし気がつかれた方はご指摘願います。早急に調査して訂正していきます。
     
  • 2001/05/04 ブートプログラム(ブートローダ
    Ranish Partition Managerをちゃんと使って評価しました。SyMonやBootItと同様に一つのハードディスクに4個を超える基本領域を作れるブートローダであることが分かりましたが、ドキュメントはSyMon以上に分かりにくく、使い方を理解するのに非常に苦労しました。そして結局非常に使い勝手が悪いことも分かりました。機能的にはSyMonに及ばず、その上シェアウェア(とはいっても絵葉書1枚でもいいようですが)ということで、現状では特に紹介する必要なしと判断しました。ただかなり精力的に開発をしているようなので、今後はウォッチしていくつもりです。最新バージョンはブートマネージャがGUIになっている反面、通常のチェーンローダの機能しかなく、4個を超える基本領域を作ることはできませんので、ちょっと注意が必要です。
    因みにXOSLに付属しているRPMはこの最新版と同じもので、4個を超える基本領域は作れませんし、ブートマネージャをインストールするとXOSLと共存できないので、導入しない方がいいでしょう。
     
  • 2001/05/04 Multi-FAT環境の構築
    Multi-FAT環境の構築には、いくつかの注意が必要なので、まとめてみました。市販ツールを持っていない人には関係ないですが、興味のある方はどうぞ。
     
  • 2001/04/30 環境変更時の注意
    PartitionMagicが行っている、サイズ変更時のbootsect.dosの書き換えについて、同じPowerQuest社作成のDriveImageでも同じではないかとふと思い、実験してみました。やはり期待通り、同じでした。
     
  • 2001/04/30 ブートコード領界
    MS-DOSでも、Windows98のCommand Prompt OnlyなどのDOSはどうなるのかについて、質問がありましたので、調べて記載しています。予想通りですが、そのWindowsと同じですね。
     
  • 2001/04/30 パーティションについて
    MBMの作者のchanさんが、面白い実験をして、その結果を教えてくれました。拡張パーティションテーブルの未使用テーブルにパーティションデータを書いた場合、OSがどんな挙動をするか試したものです。結構興味深い結果が出ています。こんな実験はブートローダの作者でないとできないですね。
     
  • 2001/04/22 パーティションについて
    一つのハードディスクに2つの拡張領域を作って、OSがどんな挙動をするか悪戯してみました。あんまり面白い結果にはなりませんでしたが、まだ試してないOSもあるので、期待したいです。
     
  • 2001/04/15 MBM
    またまたまたバージョンアップしました。しかもまたスゴイ機能が追加されてます。電源断と論理領域もデフォルト起動ができるようになりました。まったく驚きです。またメニュー上でパーティションのアクティブと非アクティブの設定ができるようにもなりました。メニュー画像作成ツールもR0.34対応になってますので、取得してメニュー画像ファイルを更新するといいでしょう。
     
  • 2001/04/08 インターフェース速度
    久しぶりにブート系以外の更新です。記述をちょっと更新しました。まあ読んでみて下さい。
     
  • 2001/04/07 MBM
    またまたバージョンアップしました。マイナーバージョンアップの割りには、自動マスクモードという、結構待望されていた機能が追加されています。
     
  • 2001/03/31 MBM
    バージョンアップして、待望の論理領域起動が可能となりました。これで本当に申し分のないローダとなりました。みてくれも随分変わり、これらに合わせて改訂しています。
     
  • 2001/03/24 マルチブートの仕方
    全体的に見直して、細かな矛盾や誤字脱字の修正、冗長な部分の削除をしました。変更多数につき詳細は割愛しますが、それほど大きな問題ではありません。まあカーネルローダだと友人から聞いていたBooteasyが、単なるチェーンローダだと分かったのが、一番大きいことでしょうか。
     
  • 2001/03/17 フリーツール編市販ツール編
    ブートローダとしてはフリーツールで十分、市販品は一部の機能を除いて、基本的にパーティショニングツールと割り切るべし、という旨の記述に変更しています。それに伴ってパーティショニング機能の評価部分を補強しています。
     
  • 2001/03/10 Linux中級編
    予告どおり、Linux編も初級と中級に分けました。もっとも以前の「LILOの高度な使い方」というページを組替えて、多少補足しただけですが、段段と体系的になってきたと思います。また以前の「LILOのお勉強」というページも「フリーツール編」にLILOの段落をつくって移しました。考えてみれば一応LILOもフリーローダだったので。
     
  • 2001/03/04 Windows中級編
    環境構築の説明をするために、レベルで分けてみました。NTLDRだけを使った場合と、その難易度がかなり違うからです。
     
  • 2001/02/26 BootIt
    ランドコンピュータさんが、私のページの充実のために、英文ですが技術書を提供してくださったので、記述を変更、追加しました。このドキュメントで疑問点が完全に氷解した訳ではありませんが、また改訂を続けたいと思います。(ちなみにこの更新はイタリアのローマから行なっています。どうでもいいけど)
     
  • 2001/02/26 Boot Magic
    Partition Magic 6.0を入手したので、Boot Magicを再評価しました。PartitionMagicの方はかなりの拡張がはかられているのに、BootMagicの方は、Windows2000から設定ができるようになったくらいで、機能の追加は一切なく、さらにWindows系OSの第2ハードディスク以降からの起動もサポートからはずれて、逆に機能低下しています。市販のブートローダを使うメリットはますます低下してきています。このサイトの構成も変える必要がでてきたようです。市販ツールはパーティショニングツールとして割り切った方がいいように思います。
     
  • 2001/02/18 環境変更時の注意
    もう少し調べて、記述を変更しました。どの程度のサイズ変更で問題が起こるか。またディスクパラメータのどの値が変更になって、起動不能になるのかなど、できる限り具体的に説明しました。まあ修復の作業は結局殆どの場合で必要でなんですが。
     
  • 2001/02/17 BootIt
    とりあえず、BootItの説明は完了しました。日本語マニュアルもあるので、これでいいと思います。もうすこしサポートと連絡をとって内部的な話ができるようなら、付け加えていきたいと思います。
     
  • 2001/02/11 パソコン掲示板
    Windows掲示板を、パソコン掲示板にしました。最近ブート系の質問が多いのですが、Windows掲示板というタイトルだと、場合によっては質問しにくいようなので、変えました。別にタイトルに関係なく、なんでも聞いて頂いて構わないのですが。従来のURLでもアクセス可能ですが、できれば変更して下さい。
     
  • 2001/02/11 環境変更時の注意
    NTLDRを使ったデュアルブート環境に変更を与える場合の注意点を記述しました。ハードディスクの引越しなどは、結構行われると思うので、有用かと思われます。
     
  • 2001/02/05 データ配置
    少しブートローダの動作仕様に突っ込んだ話もしようと思い、データ配置の説明を加えました。今後もう少し更新します。またデータ配置以外にも動作に関することを少しずつ説明していくつもりです。
     
  • 2001/02/04 BootIt
    販売会社のホームページが復活したので、解説を再開しました。会社が潰れたかと思った。
     
  • 2001/02/03 SBM
    評価はかなり前に行ったのですが、最新版を評価しなおすと、結構トータルバランスに優れていることが分かったので、XOSLとの連携という意味もあり、簡単ですが、解説を加えました。
     
  • 2001/02/03 XOSL
    解説を追加しました。結構おもろいツールです。こういうのがどんどん出てくると私の国産のお気に入りのブートローダ(MBMやext-IPL)や市販ツールは、おちおちしておれまへん。
     
  • 2001/01/28 マルチブートの仕方
    各ローダの機能をもう一度整理してみました。また各ローダの最新版などをできる限り取得して、評価しなおしました。機能の説明も更新しています。特に第2ハードディスク以降起動などは要チェックです。
    またあらたに「XOSL」というローダを評価しました。おもしろそうなので、解説をしていくつもりです。GRUBについては更に追記しておりますので、ご参照ください。
     
  • 2001/01/21 GRUB
    GRUBが全くPC-UNIXの無い環境でも導入できることがわかりましたので、その旨更新してあります。導入関係やブートフロッピーディスクの作成などを大幅に更新しました。
     
  • 2001/01/14 LILOの高度な使い方
    他のカーネルの起動時の注意や、頻繁に起こる「LI」で止まる問題ついて、追加しました。
     
  • 2001/01/06 WindowsFAQ集
    このところずっとブート系の更新ばかりでしたが、久しぶりにWindows系の更新です。大変遅ればせながらWindowsMEについて調査したので、適用可能なもの、変更が必要なものを追記しました。変更があったのは、「ファイルタイプタブ」、「EditFlags」、「レジストリのバックアップ」です。
     
  • 2001/01/05 ブートセクター
    ブートセクターはいつ、だれが書き込むのかについて追記しました。
     
  • 2001/01/03 SyMon
    SyMonの解説は一応完了です。後は手直しなどを多少するかもしれません。次は早速BootItの解説を始めました。
     
  • 2001/01/03 System Commander
    今まで他のブートローダと一緒だったSystem Commanderを別の独立した段落にしました。一応それだけですが、内容も多少濃いものにしたつもりです。
     
  • 2000/12/31 ブートコード領界
    WindowsNTのブートコード領界の問題がインストール時にどう問題になるのかについて追記しました。
     
  • 2000/12/31 SyMon
    ちょろちょろで恐縮ですが、更新しました。
     
  • 2000/12/30 SyMon
    更に説明を加えました。画面はテーブルで表現することにしました。思ったよりいい感じです。
     
  • 2000/12/24 SyMon
    意を決してSyMonの解説を執筆しはじめました。今までこれができなかったのは、画面のハードコピーがどうしもうまく取れなかったためです。私は基本的にPrintScreenができないDOS画面やBIOS画面などは、単純なものはHTMLのテーブルで、複雑なものはWordなどで絵を書いてきました。
    しかしSyMonの画面は、非常に複雑でHTMLでは書けないのは勿論、Wordなどでも複雑すぎて書けませんでした。写真に撮ろうと試みたのですが、これもあまりうまくいきませんでした。
    しかしそのためにいつまでも解説ができないのでは、いつまでたってもマルチブートのページが完成しないので、画面の説明は後回しにしてでも見切り発車することにしました。分かりにくいかもしれませんが、できるかぎりがんばりますので、よろしくお願い致します。
    またもしこういった画面をキャプチャするいい方法をご存知の方がおりましたら、是非教えてください。
     
  • 2000/12/17 LILOのお勉強
    私のJFでの「LILO README」の翻訳作業が終わり、はれて公開されましたので、そこへのリンクを加えました。これでLILOに関するドキュメントは完全になりました。後はもう少し整理するだけですね。
     
  • 2000/12/17 マルチブートの仕方(裏技編)
    また少し構成を変更して、マルチブートの仕方に一つの章を設けました。裏技を集めた(今はまだ2つですが)章です。一つは以前から記述されていたものをページ換えしただけですが、今回新たにNTLDRで他の基本領域のブートセクターをロードして、MBR導入型ローダのように各領域が起動時にはCドライブとなるような起動を行う裏技を紹介しています。裏技そのものよりも、その動作原理が非常に興味深いと思います。
     
  • 2000/12/03 ext-IPL
    Version5で大幅に機能アップしたExtended-IPLについての記述を更新しました。まだテスト段階ですが、リリース間近で、私もベータテストに参加しており、紹介しても問題ないレベルに達したと私なりに判断したので、更新をしました。
     
  • 2000/11/26 キーボード変換
    LILOのキーボード変換についての記述を加えました。結構高度なので「LILOの高度な使い方」の方へ入れるか、悩んだのですが、内容などう見ても使い勝手の問題なので、「LILOの使い勝手の向上」の方に入れました。
     
  • 2000/11/19 MBM
    MBMのバージョンアップに伴う機能の追加を記述しました。バージョンアップはかなり前でしたが、記述をサボっていました。機能改善の目玉としは、ブートメニューから区画エディタが呼び出せるようになったことでしょう。
     
  • 2000/11/18 マルチブートの仕方(機能編)
    今までマルチブートの説明にあたって各ブートローダを中心に説明していくというスタイルで進めてきました。基本的にはこれでいいと思っているのですが、そのために機能がばらばらに記述されてしまうという弊害を生み、機能面の理解がしにくいのではないかと感じ、きりのいいところで機能についてまとめて説明する章を設けて、散在している機能の説明をまとめてみました。
    またそれに伴って、改めてアクティブ切り替え機能や隠しパーティション機能について、なぜ必要なのかを調査しています。新たな発見(ドライブレターの振られ方やOSの起動時の挙動など)もあり、必要性について大幅に書き直しているので、ご参照下さい。
    比較的おおきな構成変更と、ついでにファイル名なども変更したので、またリンク切れや記述の冗長、矛盾などがありましたら、ご連絡頂けると幸いです。
     
  • 2000/11/12 広告非表示対応
    広告を出さないようにする設定があり、全ページをそれにできる訳ではありませんが、フレーム内の一部のページに対しこの対応を行いました。
     
  • 2000/11/05 マルチブートの仕方(Linux編)
    LILOについての説明のページを整理しました。そもそもWindowsとのマルチブートのための道具として解説をスタートした関係、LILO自身の解説としては決して整理されたものではありませんでした。一応「LILOの導入と基礎」、「LILOの使い勝手の向上」、「LILOの高度な使い方」の3ページに整理しました。勿論従来の構成の利点も崩さないように配慮しました。ただ既にWeb上やその他の場所に存在する有益なLILOのドキュメントを利用しない手はないので、これらと先の3ページを合わせて、理解を深めて頂くというスタンスで整理しています。そこで、これらを統括するページ「LILOのお勉強」を別途設けました。
     
  • 2000/11/04 BIOSから見たハードディスクの順序
    LILOがIDEハードディスクの順序をどのように認識するのかを、詳細に調査しましたので、その結果を加えました。結構意外な結果になったので、興味深いです。ただバグっぽい動作(IDが重複する場合)もあるので、バージョンが上がるにつれて、変化する可能性があるので、更新履歴はウォッチしてないといけませんね。また環境依存の可能性もあるので、鵜呑みにしないで下さい。
     
  • 2000/10/28 第2ハードディスク以降の起動
    Windows系の第2ハードディスク以降の起動について、詳細に調査して記述を加えました。また従来から説明してきたブートフラグ変更方式は一般的ではなく、ドライブスワップ方式の方が遥かに一般的であるということで(もっとも私はこの違いをよく分かってなくて、同じものだと思っていました)、そちらを中心に説明しています。またこの実験の結果、IBMオリジナルのブートストラップローダがWindows95 OSR2では既にLBA対応(8GB以降のOSを起動可能)していたことが分かり、ブートコード領界の記述を改めました。ただしNT系はなぜか起動できません。
     
  • 2000/10/28 全体構成の変更
    読者より、ご指摘を受け、ハードウェア系のページの構成を全面的に見直しました。そもそもWindowsFAQ集からの流れで、DOS/V機のFAQ集も作りましたが、私がブート系にのめりこんでしまった関係で、本来FAQ集のあるべき姿(広く浅く)が失われてしまい、「DOS/Vよもやま話」のページなどとも合わせて、かえってページ全体で、どこに何が記述されているのか、よく分からなくなってしまいました。よって、DOS/VのFAQ集やよもやま話は廃止し、一方でその下にあった内容の濃いものは、それなりの章立てを与えて、トップに昇格させるなどの整理してみました。まだ整理途上ですが、皆さんのご意見もお願い致します。
    また大きく変更したため、一応一通りチェックはしたつもりですが、リンクの不整合が起きているかもしれなので、もし気がつかれた場合はご一報くださると助かります。
     
  • 2000/10/15 ブートプログラム(ブートローダ)
    新たにフリーのブートローダ、SBMとGAGを使ってみて、評価しました。しかし特記すべき事項はなかったので、リストアップするだけで、特に説明のページを設けるに及ばずと判断しました。
     
  • 2000/10/09 System Commanderその他
    System Commander 2000を入手しましたので、本格的に評価していきたいと思います。とりあえずいくつかの機能を使ってみて、以前からの評価、記述を多少変更しました。感触的には更にBoot Magicの方が良くなってきました。またSelect-Itはバージョンアップがないため、評価を一段と落としました。
     
  • 2000/10/09 ブートプログラム(ブートローダ)
    最近また、いくつかのローダの存在を知ったので、とにかくリストには追加しました。面白そうなものは使ってみて紹介していきたいと思います。
     
  • 2000/10/01 System Commanderその他
    System Commander 2000が、第2ハードディスクからのWindows系OSの起動をサポートしていないことが判明したので、その旨の記述を追加しました。また私が結構重視していた機能だったので、今まで「最強のツール」と評価してきましたが、他のツール、特にBoot Magicと同等という評価に落としました。また新しい市販ツールも出てきたので、簡単に紹介しました。
     
  • 2000/10/01 ブートコード領界
    「起動コード境界」と言う言葉は、パーティションマジックのマニュアルで初めて見かけた言葉だったのですが、私の読み間違えで、実際は「起動コード界」でした。また元々一般的な言葉ではないし、今まで私の記述では「起動」をなるべく「ブート」と呼んできたので、私の造語として、「ブートコード領界」という言葉に改めました。
      
  • 2000/09/17 番外編
    マルチブートのページにまた章を追加して、SyMonとBootItについての説明の記述を開始しました。非常に危険なツールなので説明を控えていたのですが、やはりこれらのツールの紹介をしないとマルチブートの説明が完結しないと思い、執筆にとりかかりました。ただしあくまで番外扱いです。まだ調査していることも多いので、完成はもう少し時間がかかります。
     
  • 2000/09/11 GNU GRUB
    Linuxブートの説明で、パーティションの先頭にカーネルが張り付いていた場合、通常のサードパーティのブートローダでも、起動可能だと説明していましたが、Linuxカーネルはハードディスクにある場合、LILOなどのカーネルの起動の仕組みを知ったローダなしでは、起動できない旨のご指摘を受けましたので、訂正してあります。
    ただし、フロッピーからの起動の場合は、カーネルの先頭セクターにフロッピー起動用のコードが書かれているので、LILOなどのカーネルローダを使うことなく、カーネルを起動することができます。
     
  • 2000/09/10 Linuxの通常のブートシーケンス
    LILOのインストール先で、1st Boot Loader以外は、どんな場合も必ずルートパーティションに置かれるのだと誤解されるような記述だったので、これは通常のディストリビューションのインストーラで行った場合の限定した話で、LILOの仕様としては、その他のデータも任意の位置に配置できる旨の記述を加えました。
     
  • 2000/09/10 起動コード境界
    起動コード境界が、Windows95でも初期バージョンの場合、8GBでなく、2GBであることが判明したので、訂正しています。また逆にWindows NTでも、ファイルシステムがNTFSの場合は、起動コード境界が2GBではなく、7.8GBであることが判明し、合わせて訂正しています。またブート関連ファイルの位置制限に「起動コード境界」という用語を用いるようにしました。
     
  • 2000/09/09パーティションについて
    拡張パーティションの説明をもう少し補足しました。図も追加、改良して分かりやすくしました。
     
  • 2000/09/09 ブートセクター
    ブートセクターの説明、特にその役割の部分を少し補足しました。

ホームページへ
inserted by FC2 system