バンコク(街並みなど)

バンコクの寺院など観光した初日と3日目の夕方以降と、最終日22日は終日、特に目的もなく街中をうろつきました。

1993年当時既にタイは発展途上国というには失礼なくらい発展していました。まだ新興国という呼ばれ方はしてませんでしたが、タクシーなどもメーター付きの小綺麗な車が主流でしたし、路線バスにも冷房付きのものも走ってました。

一方でトゥクトゥクもまだ沢山走っていましたし、路地を一歩入ると、おおアジアだと思えるような光景も見れました。汚いマーケット、街の喧騒なども途上国さながらといった感じです。

経済発展とそこに着いていききれない、いや、あえて着いていかない世界が混在した、言わば混沌としたタイ社会の縮図を見ることができました。こういった所はぶらついているだけでも面白い。寺院を観光するのとはまた違ったタイらしさを垣間見ることができる体験でした。


マーケット

この汚い、そしてごちゃっとした市場などは途上国のそれです。




 

ただとてもうまそうなんですよね。何を食べたか覚えてませんが、適当に買って食べました。

ただタイ料理はどうも私の口には合いません。家内はトムヤンクンが好きだったのですが、私はどうしてもだめでした。


 


街の喧騒

狭い通りに商品を陳列し、人と車がお構いなしに通っているあたりは、なかなか先進国では見れない光景です。



 

こんな風景も、終戦直後の日本って感じすよね。


交通

前述のように交通も新しい車が多く、以前行った中南米やモロッコとは明らかに違いました。

でもまだまだトゥクトゥクはばりばりの現役でしたね。


タクシーはメーター付きの日本とそれ程変わらない車が主流でした。ただ写真は撮りそこねましたが、渋滞はもの凄かったです。一度タクシーに乗っていて、あまりに進まないので途中で降りたこともありました。


乗用車もヨーロッパ車日本車などが主流。トラバントしか走ってなかった東欧よりもずっと発展してます。

 

 
バスもこんな冷房付きが走ってました。が、

 

一方でこんな冷房なしの汚いバスもまだまだ普通に走ってます。



鉄道の写真は撮りそこねましたが、こちらはバンコク中央駅。アユタヤへ行くのに使いましたが、立派な駅でした。


タイのトップページへ

 

inserted by FC2 system