リマ

2019/10/13

2019年8月17日(土)6時、自宅出てから実に33時間を経て、やっとリマのホテルに到着。朝食をとって少し休憩した後、10時45分にはホテルを出てリマ市内観光へ出かました。

リマは人口900万を超え、リオデジャネイロ、サンパウロと並ぶ南米の巨大都市です。しかし観光名所は世界文化遺産に登録されている旧市街の一角で、まあ軽く2時間程度の観光で十分でしょう。

チャラと呼ばれる海岸砂漠地帯に位置し、年間を通してほとんど雨が降らないところだそうです。地理が得意な私でもペルーに砂漠気候があるなんでこの時まで知りませんでした。ただからっと晴れる日は少なく、今回のようにどんよりガスっていることが多いようです。


旧市街

サンクリストバルの丘です。ガスがかかってますが頂上にわずかに十字架像が見えます。


サン・フランシスコ教会・修道院

クリーム色の外観が目を惹くサン・フランシスコ教会・修道院は、歴史的建造物が立ち並ぶリマ旧市街の中でも特に重要な建築物の一つです。

 
バロック式の彫刻が見事なファサード。

 
バルコニーに何人かの聖人像が来る人を迎えています。

 
中にも沢山の祭壇があり、その多くに各種の像が飾られていました。

 
そしてここの見どころはカタコンベ。中にまでは入りませんでしたが、礼拝堂の床に覗き穴があって、少し垣間見ることができます。時間があれば地下一階までは見学ができます。

 
またこの教会の特徴は、内部の構造がアンダルシア様式であること。アンダルシアはスペインの南部の地方で行かれたことがある人なら分かると思いますが、長くイスラムの支配を受けた土地なので、言わばイスラム様式の影響を受けているということです。私はこれを見てコルドバのメスキータを思い出しました。

 
おっと外には学生たち。カメラを向けるとピースをしてくれた。



土器博物館

リマには様々な博物館がありますが、今回行ったのはここ。ペルーには時代ごとにいろいろな文化が興亡したのですが、それぞれの時代で特徴的な土器が出土しているのです。

 
実用的な土器の他にこのような動物を象ったものも多くありました。

 
面白いポーズですが、祈りのポーズらしいです。チャンカイ時代の人型彩色土器でクチミルコと呼ばれます。あまりに可愛いので家内がレプリカをお土産に買いました。

 
コロニアル風の建物が続いています。バルコニーが木製のものが多いとか。

 


アルマス広場

旧市街の中心地、アルマス広場。その中心は大統領府。元はインカ帝国を滅ぼしたフランシスコ・ピサロの屋敷だったところ。ここでは毎日午前11:45から衛兵交代が行われますが丁度見ることができました。歴代大統領が深く関わってきたこの建物も、何度も増改築を繰り返し、公式に大統領府と公に定められたのは比較的最近で、1939年のことだそうです。

 
ピサロが自からの手で礎石を置いた、ペルーで最も古いカテドラル。その日は1535年1月18日、リマ建都の日でもあります。

 
一応ここでこの旅初の記念写真。

 
こんな黄色い建物が多いんですよね。

 
広場ではお決まりの噴水。


サント・ドミンゴ教会・修道院

旧市街から西に歩いて五分ほど、桃色の外観が印象的な教会兼修道院です、狭い通りから、いきなり背の高い塔が佇立しているので、全景がなかなか写真に収まりません。

 
リマ旧市街の観光はこれで終了。個人的にも十分です。この後昼食をとって、もうホテルへ帰ります。

 
帰りすがら通ったサンマルティン広場。サンマルティン将軍の騎馬像が中央に鎮座しています。

 
こちらはもうホテルの近くのグラウ広場。海軍提督グラウの名がついてます。この碑は上に大きな女神像があってグラウ将軍は下の方の小さい方です。

 
グラウ広場に面して最高裁判所があります。

 
その反対側に我々が泊ったシェラトンホテルがあります。この旅一番の高級ホテルで五つ星です。

14時のホテル帰着で、この後4時間寝ました。これまでの寝不足を考えるとこの4時間睡眠は貴重でしたね。

ただこれが逆によくなかったのか、所謂時差ボケなのか分かりませんが、夜は全然眠れませんでした。何とか眠りについても半寝状態というのでしょうか。半分起きているような状態がずっと続きました。

そして超寝不足のまま、高地のクスコへ向かうことになります。

 

■2018年8月17日(土) 曇り(リマ観光&泊)

02:30 リマ空港着陸
(04:30 ここからリマ時間)
04:34 サテライト
04:45 降機
04:54 入国
05:29 空港出る
06:00 ホテル シェラトン着(家を出てから33時間JUST)
06:18 一旦部屋へ。
07:00 朝食
10:45 ホテル出る
11:07 サン・フランシスコ修道院
11:26 土器博物館
11:50 アルマス広場
12:00 大統領府の衛兵交代
12:26 サント・ドミンゴ教会・修道院
12:50 昼食
14:00 ホテル帰着 この後すぐ寝る。
18:30 起きる
18:50 夕食
19:30 部屋戻り
21時頃寝るが、全然寝れない。長いこと半寝状態。


南米旅行のトップページへ

inserted by FC2 system