a

ナスカの地上絵

2019/10/12

2019年8月23日(金)はいよいよ最後の観光となるナスカの地上絵です。ただ朝のホテル出発はこの旅で最も早い5時8分発です。 ナスカには遊覧飛行専用の空港があって、そこから飛行機に乗ることもできるのですが、 まずナスカの空港まで行くこと自体が大変です。リマからだとバスで7時間もかかります。 それよりは、ナスカまでの半分の時間で行かれるピスコにある空港からの飛行(今回はAerodiana社のツアー)を利用した方が利便性が高いということで、 ピスコ空港を使うのが現在殆どのツアーで定番となっているようです。

[リマ、ピスコ、ナスカ、パルパの位置関係]

それでもピスコまでバスで3時間半かかるので、朝は早い訳です。それに実際はピスコに行っても天候によってなかなか 飛べないことが多いらしく、例え飛べても何時間も待つことがあるようです。今日は帰国のためにペルーを出発しないといけません。 万が一にも遅れることはできないのです。

それにしても現地ガイドさんが散々不安にさせてくれました。とにかくちょっとでも天候が悪いと飛ばないとか、最高で5時間も待ったとか。 何だかとても不安でしたが、ここまで順調に観光をしてこれたので、一つくらいだめなものがあったも仕方ないと半分開き直っていました。

そして元々この観光で不安だったのが懸念事項にも書いた飛行機酔い墜落です。他の懸念事項は何とか全て無事クリアできました。一体どうなるでしょうか。

ナスカの地上絵はご存知のように世界文化遺産に登録されていますが、「ナスカとパルパの地上絵」というのが正式名称です。以前は「ナスカとフマナ平原の地上絵」と言ったそうですが、改名されたとのこと。パルパについて後述します。


ピスコ空港

途中一回休憩しただけですが、丁度3時間半でピスコ空港に着きました。空港はがらんとしており、我々しかいませんでした。

空港について最初に行ったのは体重測定です。下の写真はそのために並んでいるところです。これによって飛行機に乗る人の配分を調整するようです。

 
どうもすぐに飛行はできそうだとのことでした。天気は少なくとも晴れてはいませんが、大丈夫なのでしょうか。以下のような地上絵の地図が書かれたパンフレットが配られました。英語、スペイン語、日本語、中国語で書かれてます。

我々が搭乗するセスナが止まっていました。9:44の便に乗れるとのアナウンスがあり、これは予想外に順調です。ラッキー。

 
時刻通り搭乗です。まずはパイロットさんと記念撮影。

 
我々は一番前。とてもラッキーと思いましたが、そこれは大間違い。後の方で記載する動画をみてもらうとよく分かりますが、羽の支え棒が邪魔でかなり見難かったです。後ろの方が良かったようです。

パイロットの他に副操縦士も乗っていて、女性でしたが、一応片言の日本語で案内をしてくれました。

 
セスナの中の様子。一応全員窓際です。ここはちゃんと考えられていますね。その昔グランドキャニオンでセスナに乗った時は窓際でない席もありましたから。


地上絵(ナスカ)

ピスコを立って40分くらいのフライトでいよいよ地上絵の遊覧飛行が始まりました。尚、絵のモチーフはだれが見てもそう見えるものと説が分かれるものとあります。基本的にAerodiana社のパンフレット地図の日本語表現で説明します。

しかし実は私は見つけるのが非常に下手で、いくつか見逃したか、見つけてもそこを離れる直前に分かったのが多いです。以下の写真は殆どをすぐに見つけた息子が撮った動画からキャプチャしたものです。

最初に見えてきたのはクジラです。 まあ確かにこれはクジラに見えます。しかし私とうとうは見つけることができませんでした。

 
次にしばらく飛んでから見えてきたのが宇宙飛行士とか巨人とか宇宙人とか呼ばれてものそうです。これは説が分かれそうです。地球の歩き方ではフクロウ人間となってました。因みにこの絵は山の斜面に描かれています。

私は最後の方で何とか見つけました。後述する動画では、この地上絵の最後の方で「本当だ」と私が言っています。あれが私が見つけた瞬間です。結構遅いのが分かります。

 
更に暫く飛んで、これは大体サルだと納得できます。 これは私もすぐ見つけました。写真も結構撮ってます。

 
これも大体イヌだと分かりますが、地球の歩き方ではキツネと説明しています。

 
これが有名なハチドリです。 これも最後の方で何とか見つけました。

 
螺旋。副操縦士さんはうずまきグルグルと言ってました。 これは分かりやすいです。誰でもすぐ見つかるでしょう。

 
コンドル。これも代表的な絵です。地球の歩き方では海鳥となってます。これは視認しにくいです。

 
海藻ですが、コンドルの近くにあって目立たないので見逃しがちです。勿論私は見逃しました。

 
これは間違いなくクモです。これはすぐ分かります。

 
オウムという説明でしたが、地球の歩き方ではトンボとなとなってます。私もトンボにしか見えません。 これも大体見つかるかな。

 
こちらはペリカンという説明。ちょっとそうは見えませんが。

 
パンフレットにはアルカトラスと書かれていましたが、フラミンゴと呼ばれたり地球の歩き方ではサギでした。

 
これは誰が見てもですね。 これもすぐに見つかります。

 
ここは3つ纏めて、トカゲです。トカゲは道路で分断されています。またミラドール(展望台)が二つ見えます。 ミラドールのおかげで見つけやすいです。

小さい方がマリア・ライヘのミラドールです。マリア・ライヘは、ナスカの地上絵の調査と保存にその生涯を捧げたドイツ人女性で地上絵を守るために自費で建設したのです。 大きい方は2018年12月に完成した新ミラドールです。マリア・ライヘのミラドールが老朽化で危険なため、様々な機関が協力して建設しました。

 
ここらで動画をご覧下さい。飛行機酔いに耐えながら、息子が頑張って撮った4K動画です。女性の副操縦士が片言の日本語で、何度も「羽の下、羽の下」と言っています。

 


地上絵(パルパ)

パルパはナスカとはちょっと離れていて、地上絵の発見もずっと後だったようです。昔は遊覧飛行もしなかったようですが、最近加わりました。ただパルパまで飛ぶかはパイロットの気分次第らしいです。今回は飛んでくれたので気分が良かったのでしょうか。まあラッキーですね。

見えてきたのは、ロイヤルファミリーです。デフォルメした面白い絵です。

 
こちらは3つほど絵が見えるでしょうか。やはり不思議な形をしています。これはパフレットになくて、調べてもよく分かりませんでした。

尚、パルパまで来たときは息子はもう飛行機酔いが激しくてとても撮影する気力がなかったようで動画はありません。それでも懸念していた嘔吐をすることはなく(息子はぎりぎりだったようですが)、何とか事故もなく無事ピスコまで戻ってきました。最後の懸念事項もクリアです。

今回見た地上絵をグーグルマップで探して、位置を特定してみました。これを参考にご自分でも探してみて下さい。パフレットの地図はデフォルメされているので、ある程度の位置関係は分かりますが、距離感はかなり適当でした。ミラドールの周辺にかなり集中していることが分かります。だからこそここにミラドールを作ったのでしょうが。

[ミラドール周辺の地上絵の位置]

それぞれ「・」点の部分に絵はあります。ミラドールのすぐ傍にある手、木、トカゲは省略しました。ハチドリサルが少し離れてますね。

尚、2019年10月現在、グーグルマップに手、螺旋(うずまき)、クモ(Spider)、コンドル(Condor)、オウム(Parrot)、ハチドリ(Nazca)、サル、宇宙飛行士(Astronaut)、ロイヤルファミリー(パラカスファミリー)は明示(()内はグーグルマップ上の表現)されてましたので探す手間が省けました。

しかしどうしてもイヌが見つけられませんでした。パンフレットの地図ではサルハチドリに間にあり、実際見た順序的もサルの次でハチドリの前でしたが、どうしてもそのあたりには見つけられません。写真や動画のタイムスタンプなどからサルを撮った後30秒程度の時間だったので、サルに近いはずと考えて、方向にとらわれずその周辺を隈なく探しましたが見当たりません。

更にもう少し拡大した地図です。上記以外の少し離れた地上絵も含めてました。これで見学したものは全てです。

[地上絵全体位置]

ミラドール周辺はサル以外省略です。ナスカはナスカ空港のあたりを示しています。パルパは中心街です。宇宙飛行士、そしてクジラがずっと離れているのが分かるでしょう。因みにクジラを探すのが一番大変でした。

またロイヤルファミリーなどパルパの地上絵とされている絵が案外近いことも分かります。ミラドールからみるとクジラより近いです。

見た順番を検証すると一番遠いクジラにまず行って、戻りながら見学したことが分かります。以下にピスコなどの関係都市の位置関係を示しました。

[地上絵関係都市の位置関係]

パルパの地上絵は遊覧飛行しないことがあると話をしました。従ってナスカより遠いのかと思っていたのですが、逆にピスコから見るとナスカ地上絵よりも手前にあります。

見比べやすいように最初の方に挙げたリマを含めた位置関係も再び掲載しておきます。

[リマ、ピスコ、ナスカ、パルパの位置関係]

さてこれで今回の旅行の観光は全て無事終了です。5点の懸念事項も全てクリア。往路のトラブルを考えると涙が出そうで、神に感謝です。まだ帰国、帰宅まで気は抜けませんが、この後は最悪欠航とかしても、帰宅が遅れるだけなので、もう殆ど不安はなくなりました。


パラカス

午前中に地上絵遊覧を終えることができたので、昼食をとる時間まで余裕がありパラカスの海岸に寄って、ゆっくりすることができました。ここは海沿いのちょっとしたリゾート地のようです。

海岸に沢山のペリカンがいました。

 
海岸沿いにお土産屋さんがずっと並んでいます。

この後昼食をとって、帰路、帰国の途につきます。

■2018年8月23日(金) 晴れ(ナスカ地上絵観光、機内泊)
04時前起床
04:30 朝食
05:08 出発
06:39 お土産屋着
08:30 ピスコ空港着
09:23 搭乗
09:40 離陸
10:20 地上絵遊覧
11:56 遊覧終了
11:30 着陸
11:57 空港発
12:19 パラカス着
12:46 発
12:55 昼食
14:00 発
16:00 お土産屋着
16:57 発
19:40 リマのホテル着


南米旅行のトップページへ

inserted by FC2 system