クスコ

2019/12/30

2019年8月18日(日)朝一でリマを立って、クスコへ向かいます。クスコは標高3,400m。もう富士山の山頂にも近い高度になります。普通だと大抵の人は高山病になります。リマはほぼ0mなので、急にクスコに来て大丈夫なのでしょうか。懸念事項としての順位は5番目ですが、懸念しているには変わりありません。しかも高山病対策に必要な睡眠が殆どとれていないのです。

今回の旅行でのクスコの高山病対策はこうです。まずクスコでは4,5時間の滞在に留めます。3,400mくらいなら、殆どの人は4,5時間であれば問題ないらしいのです。その後標高2,000mマチュピチュ村まで下ります。2,000mなら基本的に高山病にならないとか。そしてそこで一泊。翌日2,400mのマチュピチュを観光した後にクスコに戻って宿泊します。2,000m級のマチュピチュで一晩過ごせば高度順応して翌日は3,400mに何時間いても大丈夫とのことらしいです。

最初にマチュピチュへ行って観光、宿泊し、その後クスコに来て観光、宿泊でもいい訳ですが、観光スケジュール的に先にクスコを観光したしまった方が効率がいい場合は今回のようなスケジュールにすることはよくあるようです。

クスコはインカの首都だったこともあり、スペインに征服された後もそこここにインカの面影が残っており、そのあたりが評価されて世界文化遺産に登録されています。


クスコへ向けて

朝一でリマをたつ訳ですが、飛行機はロスから来た時と同じラタム航空の国内線です。

 
国内線ということで飛行機はリマまで来たボーイングと違い、左右3列ずつで通路が一つのものです。

 
クスコはもうアンデス山脈の中といった感じですね。

 
さあクスコに到着です。周りに山々がある盆地になっています。

 
空港を出た後はクスコの街まではバスできたのですが、バスは市街地の中まで入れないということで、このようなバンに乗り換えました。


アルマス広場

バンを降りて少し歩くとクスコ旧市街の中心であるアルマス広場が見えてきました。

 
この広場のシンボルであるカデドラルです。インカ時代のピラコチャ神殿の跡に建てられたとか。

 
カテドラルと同じくらい重厚な建物が、ラ・コンパニーア・デ・ヘスス教会です。

かつてインカの第11代皇帝ワイナ・カパックの宮殿があった場所に建てられました。今ある教会は1650年の地震のあとに再建されたもの。 ファサードの彫刻がともて見事でした。

 
この日アルマス広場ではパレードが行われていました。よくやっているみたいです。

 
広場の周りの建物にはお土産屋が並ぶこのような回廊があります。日差しが強い時には助かりますね。

広場をざっと見て、時間も時間なので早速昼食です。広場の見学は後でまた時間をくれるようです。

これはレストランの中庭。スペイン文化ですね。

 
このレストランは二階にあったので、ここからパレードの様子を見ていました。見物には丁度いい位置です。

昼食後は40分くらい広場で自由時間です。適当に散策しました。

周りの山々や山すそに貼りつくように家々が立っているのが見えます。

 
この後また集合して、例の12角の石を始め石組の見物へ当然いくのですが、みんなで行くとじっくり写真が撮れないかもしれないと思って、この時間に先に行ってゆっくり撮ろうと思いました。

広場からすぐで狭い路地にあることは分かっていたのですが、残念ながら手持ちカバンにガイドブックを入れておかなかったので正確な位置を調べられず、適当にそれっぽい路地を入っては見たものの結局見つけられませんでした。

 
諦めて適当に散策を続けました。

 
パレードは子供も行進していました。

 
グループによって着けている衣装や被り物が微妙に異なっていますね。

 
広場の中央にはパチャクティ皇帝の像がある噴水が置かれています。


インカの石組

さて自由時間を終え、また皆さん集合して、石組の見学へ向かいます。

インカと言えば精巧な石組ですが、こうしてクスコにはいたる所に残っています。さすがにこれはスペイン人も脱帽だったんでしょうね。

 
リャマインディオ。ペルーは南米諸国の中でもネイティブアメリカン(インディオ)の比率がかなり高い方です。

 
早速一番有名な「12角の石」のあるハトゥンルミヨク通りに入って行きます。

 
右側のこの石組は先ほど見たものと比べると同じ形が並んでいません。複雑な形の石でも隙間なく積み上げるのがインカの石組の真骨頂で、その技術を誇示する意味で敢えて形の揃わない石で組んでいるらしいです。

 
12角の石です。なぜこれが有名かというとこのような多角形の石ほど組むのが難しいからです。これも敢えてずらしてわざわざ12角にしているのです。

 
クスコで一番見たかったスポットなので勿論記念撮影。

 
見て下さい。本当に隙間が全くないでしょ。

 
土産物屋が並んでますが、ともてカラフル。

 
さてこれはずっと後になって知ったのですが、有名な12角の石より多角形の石があるとか。そこで我々が撮った写真を見てみたら、何と我々もそれを見ていて写真も撮ってました。

下の写真の○で囲んだところがそれで、かなり小さいです。しかし何と14角の石なのです。確かガイドさんからそんな説明はなかったはずです。家内も記憶がないと言っているので。

それとも何か言ってたのかなぁ。偶然撮るとも思えないし。

 
またカラフルな民族衣装を着たインディオとリャマです。

 
ここにもインカ時代の石組がずらり。



サント・ドミンゴ教会・修道院(コリカンチャ=太陽神殿)

狭い路地を抜けてサント・ドミンゴ教会の正面にやってきました。スペインが造った教会ですが、元はインカ時代のコリカンチャ=太陽神殿でした。スペイン人はインカ人が造ったコリカンチャの土台の石組を利用し、その上に教会を建てたのです。

インカ帝国の公用語であったケチュア語で「コリ」とは「黄金」、「カンチャ」とは「部屋」とか「囲い場」を意味します。コリカンチャは黄金の太陽の神を祭ったインカ帝国最高の神殿でした。1533年フランシスコ・ピサロがクスコに入城し、壁などに敷き詰められていた黄金をすべて奪い去りました。

 
ちょっとネットから借用したものですが、教会のフロア案内図を掲載しておきます。後でこの図で説明する部分もあるので。(フロア案内図全体

 
エントランスから入るとまず大きな中庭が目に飛び込んできます。中庭というと如何にもスペインと思うかもしれませんが、インカ時代からここはコリカンチャ(太陽神殿)の中庭でした。今は教会の回廊で取り囲まれた中庭になっています。

 
中庭の北西側に主神殿があります。これは最も重要な神殿だったようです。

一番手前の扉は二重扉になっていて、これはスペイン人がそう改造したようです。

そして二重扉の右手(手前)は大きく破壊されています。

 
二重扉をくぐってみると、あれ?意外や意外、部屋があるのかと思ったら、狭い通路があるだけです。

先ほどの案内図をよく見て欲しいのですが、7番と書かれた主神殿の部屋と8番と書かれた別の部屋の間の通路なのです。

この写真(借用)を見るとよく分かりますよね。二重扉の中は通路で、奥が広い主神殿の部屋(案内図の7番)。手前は大きく破壊された別の部屋(案内図の8番)です。

 
二重扉の右側はアクリル板で保護されている12角の石があります。

 
破壊された部分を見てみると、継ぎ目の隙間が全くなく極めて精巧であることが改めてよく分かります。

 
そしてこの写真が手前の別部屋(案内図8番)の内壁ということになります。後程説明する主神殿内部と同じ構造なので、恐らく往時は同様の神殿だったのではないでしょうか。

案内図を 見るとこの部屋のインカ時代の壁は7割程度は残っているように見えます。 しかし残ったインカ壁の上にコロニアル時代の壁が追加されたりしているので、見た目はもっと破壊されているように見えます。

こちらの部屋にはコロニアル時代の壁(案内図8番部屋の左の壁)にインカの世界観を表す金の板が飾られれています。但しこれはスペイン人が残したメモを元とに復元したレプリカです。

インカの世界観では世界は三層に分かれています。コンドルが守る天上の世界、ピューマが守る地上の世界、が守る地下の世界です。インカ時代にはこのような黄金がいっぱいあったようですが、スペイン人がことごとく略奪していったようです。

あと余談ですが、この金の板が先ほどの二重扉をくぐった先の神殿の広い部屋にあったと記述しているサイトブログ沢山あります。しかし前述のように二重扉をくぐった先はとても狭い通路なので、あるはずがありません。当時はそこにあったのかとも思ったのですが、当該サイトの写真を見ても金の板の背景は白い壁なので現在と同じです。恐らく最初(2010年)のサイトを書いた人が間違えたのですが、記述内容は分かり易くて参考にしやすいので、その後みなその記述をコピーって書いてしまったからだと思います。事実私も当初最初のサイトをコピーって書いてました。その後二重扉を調べていたら矛盾・間違いに気が付いたのです。

この後はなぜか後述する裏庭が見えるところへ行ってしまい、主神殿の部屋の内部は最後に見学したのですが、話の流れでここで解説します。 

主神殿なのでそれなりの広い空間です。

 
台形に窪んだ部分には何かが置かれていたと考えられています。破壊が激しい隣(案内図8番)の部屋にも同じようなものがありましたよね。

 
こちらは外側から見ている写真で保護のアクリル板が反射して見難いですが、玉座だったらしいです。

 
金の板を見た後、そのまま真っ直ぐ進んで、裏庭が見渡せる展望台のようなところに出ました。サント・ドミンゴ教会の裏庭は冬至にはインティ・ライミ祭の会場ともなっているようです。

 
ここにはこの史跡の特徴でもある湾曲する石組があります。

湾曲させるのは、勿論より高度な技術が必要です。それを誇示するためにあえて挑戦しているのでしょう。そのためかこれがこの史跡の代表的アイテムとなっているのです。

 
更に右奥に進むと太陽の祭壇と呼ばれる場所があります(案内図10番)。かつては神殿の壁には幅20センチ以上の金の帯がつけられていたそうです。

金で覆われた太陽の祭壇にはぶ厚い金の太陽像が日の光を受けて輝いていたそうです。

 
次に戻って主神殿の裏側へ。ここに二枚の絵画が飾られています。その一枚が先ほど二重扉をくぐった通路の奥にちょっと見えたのに気付いた人もいるかもしれません。

こちらは現代絵画ですが、天の川の絵(案内図11番)です。インカは星と月と太陽のためのものらしく、この絵はその考えに沿っています。インカ人は西洋人同様に様々な星座を天空に見ていました。

以下のような説明図が傍にありますが解説すると、ほぼ中央に4本の足と明るい白い目を持つ長い生き物が見えます。これはリャマです。リャマの頭の右側には、ヤマウズラとその下のヒキガエルがいます。その右側にはヘビがいます。リャマに戻るとその下には、逆さまの赤ちゃんのリャマがいます。リャマの左側には、リャマを追いかけている赤い目のキツネがいます。そして最後に、キツネの左側には、腕を伸ばした羊飼いがいます。

 
下の写真もやはり現代アートですが、インカの世界観を表したもの(案内図12番)。中心は太陽だったり、このコリカンチャだったり、あるいは首都クスコを表しており、全てのものがそこに通じている、集まっているのです。

やはり以下のような説明があって、4つの空間などについて解説されてますが、またいつか調べて書きたいと思います。

 
ここの後は中に戻って、前述のように主神殿の内部を見学しました。

そろそろクスコについてから5時間が経ちます。人によっては具合が悪くなってくる可能性がありました。この後この教会には救護所ががあるので、そこでツアーの方数名がちょっと休んだようです。我々家族は幸いまだ誰も調子悪くなったものはいませんでした。

その間ちょっと外に出て教会の外観も見てみました。先ほど上から眺めた湾曲する石組が見えます。

 
よく以下のような写真を見ます。この史跡の代表的アイテムである湾曲した壁を大きく撮ったものですが、ここまでは降りなかったのでこれは借用した写真です。現地ガイドさんにはこういた所にも案内して欲しいものです。

 
大きなインカ壁の残骸もありました。


これにてサントドミンゴ教会の見学は終了です。当時は分からなかったのですが、小神殿を案内してもらってないですね。まじかよあのガイド!まったく〜。以下小神殿の遠目の外観だけは写真に収まってました。


マチュピチュへ

サントドミンゴ教会の見学を終えて、一路マチュピチュ村を目指します。クスコからもマチュピチュ村まで直通の鉄道もあるのですが午前中に数便あるだけで不便なので、一旦バスでオリャンタイタンボへ行って、そこから便数の多い鉄道に乗ってマチュピチュ村を目指すのが一般的なようです。

オリャンタイタンボへ行くには、一旦クスコ以上の標高(3,800m)になる峠を越えるため、その途中クスコの街並みを眼下に眺めることができます。

 
2時間ほど走って、オリャンタイタンボに着きました。ここでペルーレイルの鉄道に乗ります。電化はされていないのでディーゼル機関車ですね。

 
ちょっとピンボケですが、車内はこんな感じ。これでも一応一等車です。それにしてもよく揺れました。

 
とてもゆっくりだったので2時間強でマチュピチュ村に着きました。

マチュピチュ村は村とついている通りとても小さな村落で、駅から歩いて10分程度でホテル(EL MAPI)には着きました。21時半です。その後夕食をとって、部屋に入れたのは22:40でした。まあ明日はそんなに早くはないのでいいでしょう。

さて明日はいよいよこの旅の最大の目的マチュピチュ観光です!

■2018年8月18日(日) 快晴(クスコ観光、マチュピチュ村泊)
05:52 朝食
07:01 ホテル発
08:17 チェックイン並び始め
08:53 セキュリティ通過
09:23 ボーディング LA-2015(左窓側3列)
09:41 タクシング(定刻09:45)
10:17 離陸
11:11 クスコ空港着陸(54分)(定刻11:12)
11:13 サテライト
11:25 降機
11:38 空港出る
11:49 バスで出る
11:58 車乗り換え
12:15 クスコ観光開始
12:18 アルマス広場到着
12:30 昼食
13:30 自由時間
14:44 12角の石
14:57 サントドミンゴ教会
16:00 出る
16:10 バスにてクスコをあとに
18:20 オリャンタイタンボ着
 渋滞がひどいので少し手前で降りて駅まで歩く
19:04 ペルーレイル列車発(定刻通り)
21:19 マチュピチュ村着(定刻20:45)
21:30 ホテル EL MAPI着、夕食
22:40 部屋へ


南米旅行のトップページへ

inserted by FC2 system