フィレンツェ

フィレンツェにもリベンジしたいことがありました。1990年の旅では、ポンペイ遺跡同様、各美術館の入場料が高くて、入るのをやめました。そもそもこの頃は美術に全く造詣がなかったので、もっと勉強してから来た方がいいというのも入らなかった理由です。

特にウフィッツィ美術館は今回の旅の個人的ハイライトでもありました。


フィレンツェで記念撮影と言えばここしかありません。フィレンツェの街が展望できるミケランジェロ広場です。


 

フィレンツェのシンボル、ドゥオモです。


 

そのトゥオモのドーム内側の壁画が見事でした。


 

こちらはドゥオモの横にあるサン・ジョヴァンニ洗礼堂の有名な天国への扉です。ただしこれはレプリカ。本物は博物館にあります。


両脇がウフィッツィ美術館で、奥の塔があるのがヴェッキオ宮殿です。

ウフィッツィ美術館では写真は撮れませんでしたが、この旅で大きなリベンジの一つなのでネットから拝借です。一番見たかったボッチチェリの「春(プリマベーラ)」です。

もう一つのこの美術館の目玉。やはりボッチチェリの「ヴィーナスの誕生」です。

 
フランスなんかもそうですが、ヨーロッパでもラテン系の国は外のテラスが好きですね。この日は少々暖かかったせいもありますが。

 
ミケランジェロのダビデ像のレプリカです。レプリカはいろいろなところにありますが、本物はアカデミア美術館にあります。これは当初見学予定ではなかったのですが、添乗員が何とか時間を作ってくれました。ただ残念ながらここでも写真は撮れませんでした。


イタリアのトップページへ

 

inserted by FC2 system