ジャイプル

2018/04/14

3月20日(火)、朝アグラのホテルを立ち、近郊のファテープル・シークリーを観光した後はバスで一路西に向かい、ジャイプルを目指しました。ファテープル・シークリーを出たのは9:45ごろ。距離としては200kmほどあったのでしょうか。3時間以上かかって午後1時過ぎには到着しました。

まずは昼食をとって、その後ジャンタル・マンタルアンベール城と観光しました。いずれも世界遺産。この街にも2つも世界遺産があるのです。

またジャイプル自体も旧市街がピンク色をしているのでピンク・シティとも呼ばれる特徴のある街です。


ジャイプル到着

午後1時過ぎにはジャイプルの市街に入ってきました。街としては大きな街であり、新市街は新しい建物もあるようですが、このような古いスラム街のようなところも目につきました。

 
古ぼけた露店にサリーを来た女性たち。でも手前の子供たちは少々小ぎれいです。どうも裕福な家庭の子供たちのようです。私立の学校に通っているような雰囲気です。

 
ジャイプル到着直後はまず昼食ですが、早々に食べてその近くに水の宮殿があったので見てきました。最初はウダイプルにある有名なタージ・レイク・パレス・ホテルと勘違いしてました。マン・サガー湖というジャイプル市街の北のはずれにある湖に浮かんでいるように建っています。 今はだれも使ってないようですね。

 
マン・サガー湖の湖畔を歩く女性たちをパチリ。


ジャンタル・マンタル(天文台)

昼食後まず向かったのはジャンタル・マンタル。 ムガール帝国時代の18世紀前半にジャイプル藩王国のジャイ・シング2世がインド北部の5か所に建設した大型の日時計および天体観測施設です。その内、ジャイプルにあるジャンタル・マンタルが一番大型で、比較的最近(2010年)ですが、世界文化遺産に登録されています。

下の写真はその中でも最も巨大なサムラート・ヤントラ。高さは27.4mもあり、写真に収まりきりません。マハーラジャは観測機器が大きいほど正確な観測結果が得られると信じていたようです。中央の傾斜の先は北極星を指しているとか。

 
こちらはサムラート・ヤントラの小型版で、ラグ・サムラート・ヤントラ。何と20秒単位で時間が図れる日時計です。

 
シャルマンが一目盛りが20秒であると説明しています。実際その陰と実時間を比べて証明してくれました。

 
こちらはジャイ・プラカーシュ・ヤントラ。他の機器の観測結果の補足用らしいです。

 
ナリ・ヴァラヤ・ヤントラ。太陽が北半球か南半球のどちらにあるかを観測しました。

 
こちらはラーシ・ヴァラヤ・ヤントラといい、12体からなる観測器のひとつです。それぞれ異なる12の星座に向かっていて、占い用にあるとか。皆さんそれぞれ自分の星座の前で記念写真を撮っていたので、私も乙女座の観測器の前で撮ってもらいました。

 
ラーム・ヤントラ。同じ形の2対で太陽と月、その他の星の高度と方位を計測します。右の向こうに見えるのが、前述の一番巨大なサムラート・ヤントラです。やはり一際でかいです。

 
ディガンシャ・ヤントラ。二重の円筒で構成され、太陽、惑星、星の位置を観測します。

 
チャクラ・ヤントラ。窪んだ二つの半球と円形のリングからなり、子午線の通過時間や惑星なども位置を測定します。

 
ダクシノー・ヴリッティ・ヤントラ。太陽の高度を計り、赤緯と1日の長さなどを計る観測器です。

 
ヤントラ・ラージ。高度を測って、そこから時刻や天体の位置を知ったり、星の動きを追ったりするなど多機能な観測器です。ヒンドゥーの暦を作るために使われていたとか。

 
ジャンタル・マンタルからは実はちょっと風の宮殿が見えます。ただし裏側ですが。

 
あーあ、疲れた。一休みってところでしょうか。


シティ・パレス

ジャンタル・マンタルを出るとすぐ横にシティ・パレスがあります。こちらは外から眺めただけ。まあ時間がないのでここはこれでいいでしょう。ここは現在でもマハーラジャが住んでいて、一部は博物館になっているとか。


次のアンベール城に向かうため、ちょっと遠くに停めていたバスが来るのを待っている時に少々街の様子を。

若者は欧米と何も変わらないですね。シャルマン曰く、最近は同棲する若者も多く、社会問題になっているとか。

 
お巡りさんと何をしているのしょうか。談笑しているようにしか見えません。


アンベール城

ジャンタル・マンタルの次はアンベール城に向かいました。アンベール城はジャイプルの北東11 kmに位置する城塞で、アンベールがアンベール王国の首都だった16世紀に建設が始まりました。その後の改築は100年以上に及んだとか。鏡の装飾が美しい「鏡の間」や庭園の設計には幾何学模様が見られ、ムガル帝国傘下の時代におけるイスラーム建築の影響も指摘されています。

ラージャスターンの丘陵城塞群として2013年に世界文化遺産に登録されたものの一部(構成資産)です。構成資産に含まれた理由は、「ラージプート=ムガル宮廷様式」の盛期を代表する建築物という点などだそうです。

 
駐車場につくと城の雄姿が見えました。あれがアンベール城かと思ったのですが、実はこの駐車場からよく見えるあの城郭はジャイガル城、またはジャイガル要塞と呼ばれるものでアンベール城ではありませんでした。

これも前述の世界遺産の構成資産に含めるか議論になったようですが、所有者が希望しなったために見送られたようです。

 
アンベール城へは通常に乗っていくらしいのですが、この時はある理由によって象の運行はやってませんでした。そのためこのようなジープで城まで向かいます。

 
駐車場から城までは10分くらいかかったでしょうか。そこから少し登っていくともう城塞の最初の門、チャンド・ポール(月門)です。

 
チャンド・ポールをくぐると最初の中庭というか前庭であるジャレブ・チョウクに入りますが、ここまではまだ城の入場にはなってないようで、ここで待っている人が沢山いました。また象で来る場合はこのジャレブ・チョウクまで入るようです。この階段を上がると次のスィン・ポール(獅子門)になります。

 
何か沢山の人達が入場を待っていました。我々ななぜかこれには並ばないで済んでます。

 
南の方を見るとまるで万里の長城のような城壁が見えます。ムガール帝国と対峙していたことがよく分かります。

 
獅子門をくぐると次の中庭が現れます。向こうに見えるのがガネーシャ門です。

 
左手にはディーワーネ・アーム(一般謁見の間)があります。手前のおじさんはシーク教徒ですね。

 
ここから下のジャレブ・チョウク(前庭)を見ています。左方が入ってきた月門で、右方にはスラージ・ポール(太陽門)があり、門としてはこちらの方が正門だということです。

 
世界で最も美しいと言われるガネーシャ門です。壁面には精緻なモザイクや彩色が施され、細かな透かし彫りの張り出し窓が全面を覆っています。ここから先が王の私的な内殿となります。

 
ガネーシャ門と呼ばれる所以であるガネーシャです。

 
ディーワーネ・アームのあたりから下の方を見下ろしてみました。先ほど見た城壁も見えます。

 
ガネーシャ門を過ぎるとまず目につくのはジャイ・マンディル(勝利の間)庭園です。ジャイ・マンディルはディーワーネ・カース(貴賓謁見の間)として使用されました。

 
ジャイ・マンディルの見事な鏡の装飾です。

 
天井までびっしりです。ムガール帝国の宮殿の豪華さとはまった違った派手さがありますが、幾何学模様なのはイスラム文化の影響でしょう。

 
こちらはジャイ・マンディルとは庭園を挟んで反対側にあるスク・ニワース(歓喜の間)です。


これはスク・ニワースの装飾ですが、こちらはいたってシンプルですが、ちょっとカラフルな壺の図柄です。

 
城の水利施設です。夏を涼しく過ごす工夫として、屋上の水瓶から床下に水を流して各室を循環、冷却。水は最後にここから滝のように流れ出て水路を伝って庭の草木をうるおすというしかけだとか。 

 
可愛い子供たちがいました。

 
一人で散策しているとある男に上の方に行ってみないかと声を掛けられました。とりあえず着いていくと、あまり普通は行けない(行かない)城の裏側に案内されました。先ほど城壁見た方向とは反対側ですが、こちらにも前述のジャイガル要塞に通じる城壁が見えました。

 
こんな記念写真も。

ちょっと逆光ですが、ジャイガル要塞もバックに。

案内してもらった所は決して悪くはなかったので、この男に10ルピー上げましたが、「たった」と言ってました。別に頼んだ訳ではないですが、さすがに少なかったかな。

 
これは実はガネーシャ門の上部にあたり、裏からみたところです。ただこの時はここがガネーシャ門の上だとは分かっていませんでした。

 
ここはハーレム(ザナーナー・マハル)で、その名の通り、王に仕える女性たちの住まう後宮です。

 
実際に住んでいたと思われる部屋など。

 
ここに昔のトイレがありました。所謂ボットン便所ですね。

 
観光を終えて寛いでいる女たち。この人たちは結構現代的です。


バティック店

アンベール城を観光した後はバティック店へ。ここも当初から商品には興味が無かったので、早々に店を出て近くを散策しました。下の写真は一応バティック店で働く女たち。


店を出ると大通りがあり、人や車などが行き交い、なかなか見てて楽しかったです。サリーを来た典型的なインドの女性達です。

 
相変わらず何か胡散臭い男たち

 
オートリクシャは基本的に一列シートの2人乗りが多いですが、このようなクロスシートになったもう少し大勢乗れるタイプも時折見かけました。

この後はもうホテルに向かうだけです。

■2018年3月20日(火) 晴れ(ファテープル・シークリー、ジャイプル観光)

06:30 朝食(バイキング)
07:30 ホテル発
08:40 ファテープル・シークリー着 シャトルバスへ
09:00 入場
09:30 出場
09:45 出発
10時過ぎデータ通信更新
13時頃ジャイプール着(3時間15分)
13:30頃昼食
 近くの水の宮殿を見に行く
14:10 発
14:30 ジャンタル・マンタル着
15:00 発 シティ・パレス
15:20 チャイ飲む(甘すぎ)
15:40 アンベール城駐車場着 ジープに
15:50 入場
16:50 出場
17:10 バディック店
 外の写真を撮る
18:03 風の宮殿前
18:23 ホテル ラマダ・ジャイプル着
19:30 夕食(バイキング)
22時頃寝る


風の宮殿

翌21日(水)の朝、風の宮殿に向かいました。昨日はジャイプルに着いたのが午後だったので既に逆光だったからです。

かつて宮廷の女たちがここから街を見下ろしたというところ。彫刻を施した窓がぎっしり並んでいます。奥行が非常に浅い不思議な作りです。


ピンク・シティ

ジャイプルの旧市街は別名ピンク・シティと呼ばれるように、本当に建物の多くがピンク色です。

勿論若干すさんだピンク色なので、所謂ショッキング・ピンクという訳ではありません。

ピンクというよりは、オレンジ色っぽく見える部分もあります。

そしてこんな人たちも。コブラ使いってイスラム世界では時折見かけます。


バス故障

7時45分頃には既に風の宮殿の見学を終えて、デリーに向けジャイプルを立ちました。次の目的地はアウランガーバードなのですが、ジャイプルからの直行便はないため、一旦デリーに向かわねばなりません。因みにバスでアウランガーバードまで行ったら丸1日以上かかりそうです。

デリーまでは250kmくらいでしょうか。順調にいっても4,5時間といったところ。ジャイプルを出て調子よくデリーに向かっていました。しかし2時間以上過ぎた頃に時折脇道に止まったりしていて様子がおかしい。どうもバスの調子が変なようです。シャルマンからもあまりちゃんと説明がないので、よく分かりません。

結局10時15分頃、修理が必要ということで、どこかのホテル前に止まりました。

止まったのは、Google Mapで確認したところ、Kotputli という町でした。デリーまではまだ1/3くらいのところです。当初は30分くらいで治せるとの話でした。

しかし30分たっても一向に修理が完了する気配はありません。そのうち部品を調達するとの話。一体いつ完了するのか全く見えなくなりました。今日の予定はこの後クトゥブ・ミナールの観光の後、デリー空港からアウランガーバードへ飛ぶわけです。まだかなり時間があるとは言え、飛行機ですから遅れる訳にはいきません。

しかし11時半ごろにはその部品が届きました。どんな部品なのかは分かりません。それを取り付けても、まだ何か弄っているようです。まだ何か問題があるのかな。

この時点で飛行機の時間まではまだ5時間あります。まあ観光をやめたりすれば、何とか飛行機には間に合いそうです。もしここで飛行機に乗り遅れると今日中にアウランガーバードに着くのは厳しく、その後の旅程が大幅に崩れそうですが、その最悪の事態は回避できそうでした。

結局12時半には修理完了して出発できました。2時間半のロスです。恐らくクトゥブ・ミナールの観光はパスでしょう。またレストランでの昼食もやめてお弁当をバスの中で食べることにしました。

しかし部品を交換しないと修理できないほどの症状だったのに2時間半のロスというのは十分に短いと思います。日本だって調達部品によってはこんな迅速に対応できません。

それでも午後2時頃にはデリーの街中に近づいてきました。この写真はデリー近郊での交差点の光景ですが、ここは車線でいうと3車線くらいの幅です。しかしそこに7台分くらいひしめき合ってます。交通ルールなんてあってないようなものですね、この国は。おとなしく赤信号で止まっているだけいいということでしょうか。

しかし何とかクトゥブ・ミナールの観光は強行してくれました。これはすごいです。頑張って飛ばしてくれた運転手、何とか調整して時間を工面したシャルマンと添乗員さんに感謝です。


インドのトップページへ

inserted by FC2 system