アウランガーバード

2018/04/22

殆どの観光客、特に海外からの観光客にとって、アウランガーバードはエローラ石窟やアジャンター石窟への観光拠点に過ぎません。市内に小タージ・マハルことビービー・カ・マクバラーがありますが、もしエローラ石窟などが無かったらわざわざあの程度の史跡を見るために海外から観光客が来ることは殆どないでしょう。

とりたてて市内の見どころもないのですが、インドの良さは普通の町並みが、それだけで楽しいということもあるので実は侮れません。ちょっと時間があったので、インドらしさを求めて少し出かけてみました。今回のツアーはスケジュールがきつきつなので基本的に纏まった自由時間というものはありませんしたが、ぽっかり空いた時間をうまく使いました。


ジュナ・バザール

3月22日(木)、この日はアジャンター石窟群のみの観光でした。アジャンターはアウランガーバードから遠いので、行き帰りに時間がかかるため他の予定を入れにくいからです。 事実朝8時半にホテルを出てアジャンターを観光して、ホテルに帰ってきた時は既に16時45分になってました。従ってこの日はもう観光スケジュールはありません。

しかし夕食は19時半。3時間近くあります。ここでふとヴァラナシの時のようにどこか街の喧騒が見られる所に行けないか考えました。手持ちの地球の歩き方には一応ちょっとアウランガーバード市内の記述があります。地図を見て「旧市街のバサール juna bazaar(ジュナ・バザール)」というものを見つけました。特にこのバザールの説明などは書いてなかったのですが、何か面白そうだなと直感しました。

しかし地図を見た感じでは、少なくとも歩いて行ける距離ではありません。どうやって行こうか。添乗員さんやガイドのシャルマンに相談してもいいのですが、もしかしたら単独行動を反対される恐れもあります。その時思いついたのが「よし!オートリクシャーだ!」です。

オートリクシャーならどこでも流しているし、恐らく「ジュナ・バザール」と言えばすぐわかるでしょう。ホテルへの帰りも、宿泊ホテルは古いですが大きな老舗のホテルなので、オートリクシャーの運ちゃんなら分かる人くらいいるでしょう。またこの旅行ではヴァラナシでサイクル・リクシャーは乗りましたが、インドの最も一般的な庶民の乗り物オートリクシャーに乗る機会はありませんでした。それに乗れる好機でもあります。

思い立ったら即行動。手荷物を持ってすぐホテルを出ました。ホテルを出たところに丁度オートリクシャーが止まっていました。早速交渉です。「ジュナ・バザール」と言ったらすぐに通じました。いくらかと聞くと「向こうで1時間待って、ホテルまでの往復で500ルピー(約800円)」と言います。つまりジュナ・バザールでの1時間観光つきオートリクシャー・チャーターということです。それでもオートリクシャーで、この程度の距離で500ルピーは法外だと感じましたが、ルピーは十分余っていたし、交渉している時間の方が惜しいし、ホテルまでの帰着も約束されていて安心感があると思ったので、殆ど悩まず交渉成立です。

やったー。オートリクシャー乗ったぞ!

 
ジュナ・バザールまでの道中も喧騒の中を進んで楽しかったです。その様子は動画でご覧ください。

 
約20分くらいでジュナ・バザールに着きました。バザールですが、基本的に何かを買うつもりはありません。街の喧騒と人間を見るために来たのです。

 
バザールなので店々のごちゃごちゃ感もいいですね。

通路は人とバイクとオートリクシャーなどが無秩序に行きかってました。

 
女性用のものを売っている店が多い気がしました。買い物客もやはり女性が多いです。

 
また強く感じたのは、イスラム教徒の多さです。インドは全人口の8割がヒンドゥー教徒なのですが、アウランガーバード、少なくともこのジュナ・バザールでは半数以上がイスラム教徒のようでした。

 
この目だけしか見えないって、逆にセクシーなんですよね。想像を掻き立てる。

 
ジュナ・バザールは数キロにわたって続いていて大きなものでした。

 
微笑みかけてくれる人もいます。

 
幼児を抱いたお母さんも多かったです。

 
本当にムスリムだらけ。

 
おっ!いい顔だ。

 
こちらはヒンドゥー教徒

 
お巡りさんたち、何をしているの?

 
若いお母さんとそのお母さんでしょうか。この人たちはヒンドゥーかな。

 
男のムスリムたち。

 
こういう人も勿論います。

 
母親と子供の顔が違い過ぎる(笑)

 
男たちは意外にはにかみ屋さんだ。カメラを向けると逃げていく。

 
街の喧騒も動画で是非見て下さい。喧騒はやはり動画でないと伝わりません。

 

 
しっかり1時間、街の喧騒と人々を堪能して、ホテルに帰りました。ジュナ・バザールは想像通りのところだったので、満足度高かったです。


ビービー・カ・マクバラー

エローラ石窟の見学を終えて、アウランガーバード市街に戻ってきて、市内にある小タージ・マハルこと、ビービー・カ・マクバラーの見学です。これはムガル帝国の第6代皇帝アウラングゼーブの妃、ディルラース・バーヌー・ベーグムの廟墓です。17世紀後半に息子のアーザム・シャーにより、タージ・マハルをモデルに構築されました。

これが入り口の正門です。

 
このアングル好きですね。何度目でしょうか。

 
全体が見えてきました。やはり小さいですね。

 
タージ・マハルをモデルにしていますが、この頃はあれほどの国費をかけられる状況ではありません。大理石を使っているのは墓標の周りドーム部分だけで、あとは漆喰で白く見せているだけです。

 
この家族に一緒に写真を撮ってを言われました。またツアーの他の皆さんもいろいろな所で同様に声を掛けられています。エローラ石窟でのことといい、アウランガーバードは日本人、いや東洋人が珍しいのでしょうか。確かに最近どこにでもいる中国人はあまり見かけませんでしたが、インドの著名な世界遺産のあるこの街なら昔から日本人は沢山訪れていると思うのですが。。

 
小さいとか貧相とかだけでなく、やたら汚いのが目立ちますね。修復にもあまりお金をかけられませんからね。

 
ミナレットも貧相で汚い。

 
庭園もタージ・マハルに比べると全然美しさに欠けます。せめて芝生を植えればいいのに。

 
霊廟の中はこうして墓標を撮影することもできました。

 
まあということで霊廟の見学はそこそこに人々の観察に時間を費やしました。

お!綺麗なお姉さんたちだ。

 
こちらも。

 
ちょっとこの子たちは怪訝そうな顔です。私のシャッターの向け方が下手なんですよね。


ムスリムの祭り?

バスで移動中、ムスリムが沢山集まっているのを見かました。何かのお祭りでしょうか。

 
葬列もありました。もしかしたら有力者の葬儀なのかもしれません。

 
因みにインドの交差点はロータリー交差点が多いです。日本ではあまり見かけませんが、最近はラウンドアバウトと呼ばれて日本でも導入が進んでいるようですね。


街のスーパーマーケット

最後に時間が少々あったので、お土産を買うため街の普通のスーパーマーケットに来ました。

 
陳列の仕方などは日本や欧米と何ら変わりはありません。

 
ここでカレー・ルーをいくつか買いました。

 
この後はもう帰国の途につき、空港へ向かいました。ここからデリーにまた飛んでトランジットして日本へ帰ります。


インドのバイク

ここで少しバイクの話も。バイク乗りとしては、ずっとバイクも気にして写真を撮ってました。

当初「HERO HONDA」のロゴのバイクが多かったのでHONDAがすごいなと思ったのですが、後で調べてこれはインドの自転車メーカーと本田の合弁会社だったんですね。しかし現在は合弁が解消されているとか。 因みに排気量は殆どが125cc程度の日本でいうと原付二種くらいの小さめのバイクです。

 
ということで現在はHERO単独でバイクを作ってますが、一番のシャアです。後ろに見える「TVS」もよく見かけました。こちらも一時期スズキと合弁していたようですが、今は解消されています。

 
HONDAもHEROとの合弁を解消した後、別会社を作って製造、販売を継続しているようです。

 
ロイヤルエンフィールドのバイクもよく見かけました。こちらは古くからのインドの老舗バイクメーカーだということです。

 
■2018年3月22日(木) 晴れ

07:00 朝食(バイキング)
08:30 ホテル出る
10:30 トイレ休憩(立ち小便)
11:00 アジャンタ着
11:05 シャトルバスに乗る
11:15 アジャンタ入場
11:35 見学開始
12:30頃 自由行動
13:25 見学終了 昼食
14:01 シャトルバス
14:16 アジャンタ発
16:45頃 ホテル着
17:09 ホテルをオートリクシャで出る(往復500ルピー)
17:30 ジュナ・バザール着
18:30 発
18:48 ホテル着
19:30 夕食(バイキング)
23時頃寝る

■2018年3月23日(金) 晴れ

07:00 朝食(バイキング)
08:00 荷物だし
08:57 ホテル出る
09:35 ダウラターバード
09:53 エローラ着
10:00 ジャイナ教窟行きバスへ
10:14 ジャイナ教窟
10:40 バスへ
10:50 入り口戻り
10:53 仏教窟(10窟)
11:07 12窟
11:30 カイラーサナータ寺院(16窟)
11:45 自由行動
12:17 昼食
12:50 発
13:37 ビービー・カー・マクバラー着
14:10 発
14:36 スーパー
14:58 発
15:08 空港着


インドのトップページへ

inserted by FC2 system