アッシジ

数あるトスカーナ地方の街の中で、そのたたずまいの良さから圧倒的人気を誇る街です。その人気から最近は日本のツアーでもここをコースにいれるものが多いようです。

それでも決して俗化されず、よいたたずまいを失っていない。もっとも人気の原因は、聖フランチェスコゆかりの寺院やジョットの有名なフレスコ画の存在も大きいです。

ローマからもフィレンツェからもアクセスがいいことも手伝っているかもしれません。しかしここではゆっくりとした中世の時の流れを満喫してほしいですね。もちろんここも世界遺産に登録されています。

 
2016/10/15

聖フランチェスコ聖堂

アッシジに生まれ、死後に聖人に列せられたアッシジのフランチェスコの功績をたたえるために建設されたといわれています。1228年に教皇グレゴリウス9世によって建築が始まり、1253年に一応の完成をみたそうです。

聖堂の中にはたくさんのフレスコ画があるのですが、その中でも有名なジョットの「小鳥に説教をするフランチェスコ」です。

ちょっと笑っちゃいますよね

これは後述するマッジョーレ要塞あたりから見下ろした聖フランチェスコ聖堂です。

後ろの田園風景もいいですよね。


マッジョーレ要塞

マッジョーレ要塞はその名の通り、中世の頃に外敵から町を守るためにつくられた城砦で、見晴らしの良い町一番の高台に造られています。

町の中心からは徒歩で20分くらい。階段や坂道を登っていくので夏場は少々辛いですが、その価値は十分にあります。

 

マッジョーレ要塞から見下ろしたアッシジの街です。

右の方に見えるのがサンタ・キアーラ聖堂です。


ミネルヴァ神殿

古代イタリアの先住民族の一つであるウンブリ人が作った古都アッシジ。その長い歴史を裏打ちするかのように町には歴史を感じられる様々な建築物、ストーリーがあふれています。

このミネルヴァ神殿もその一つで、古代ローマ帝国時代に築かれたギリシャ神殿は、自治都市(コムーネ)の名残りであるコムーネ広場にその当時の美しい姿を残しています。


路地

この路地の何気ないたたずまいが、この手の中世都市のいいところですね。


アッシジの街の全景

トスカーナ地方には丘の上にある町が多いのですが、このようにアッシジも丘の上にあります。


イタリアの目次へ

ヨーロッパの目次へ

inserted by FC2 system