ロマンティック街道

1989年8月14日から16日まで、ドイツ屈指の観光地であるロマンティック街道を旅しました。

ヴュルツブルグまではフランクフルトから鉄道で行って一泊し、翌日15日に街道を縦断する観光バスを使いました。終点のフッセンでも一泊して、かのノイシュヴァンシュタイン城の観光です。

2015/12/23

ヴュルツブルグ

ヴュルツブルグはロマンティック街道の北側の基点です。

写真は街のシンボルであるマリエンブルグ要塞をアルテマイン橋から見たものです。

意外にもロマンティック街道で唯一世界遺産に登録されているのがこのレジデンツ宮殿です。

しかし残念ながら、この日はお休みだったので中を見ることはできませんでした。

アルテマイン橋です。聖人が欄干に並んでいます。

マリエンブルグ要塞の夜景です。


ローテンブルグ

市庁舎の塔から見たローテンブルグの町並みです。

本当におとぎ話にでも出てきそうな街です。まるで映画のセットのようですが、これが本当に人が暮らす街なのです。

こんな可愛い家ばかりが並びます。

街のシンボルの仕掛け時計です。午前11時から15時間、1時間ごとに窓が開いて人形が見えるというだけです。何か人形が動く訳でもないのです。

中世犯罪博物館にて。こんな風に拷問されたのでしょうか。


ディンケルスビュール

町並みはローテンブルグと似たようなものですが、少し大きい感じでした。

 


アウグスブルグ

アウグスブルグはロマンティック街道の中では一番歴史的に有名な町です。南ドイツの富豪フッガー家の拠点だった町でもあります。

左の写真は市庁舎の横に立つペルラッハ塔です。

アウグスブルグ大聖堂です。

フッガーライといって、16世紀にフッガー家によって建築された低所得者用アパートらしいですが、今でも人が住んでいるとのこと。

 


ノイシュヴァンシュタイン城

まずロープウェイで裏山の山頂に行きました。写真はその時ロープウェイから撮ったものです。窓越し、かつ動いているので写りが今一ですが、絵葉書でよく見るアルプ湖をバックにした風景が撮れました。

右の方にホーエンシュヴァンガウ城も見えます。

一方ロープウェイで山頂まで行くと城は全く見えず。1時間以上下ってきて、やっと城が見えてきました。

バイエルン王ルートヴィヒ2世によって建設された城。

カルフォルニアのディズニーランドにある眠れる森の美女の城のモデルになった城です。

ロマンティック街道の南の終点であるフッセン近郊にあります。

やはりこのマリエン橋からのショットが最高ですね。皆が記念撮影をするポイントです。

 

城の中はあまり覚えていません。写真もこれが唯一です。


ドイツの目次へ

ヨーロッパの目次へ

inserted by FC2 system