ライン渓谷

1989年8月18日にライン渓谷を旅しました。

ライン渓谷はそれ自体が世界遺産に登録されています。その他にライン川沿いの町ケルンの大聖堂が世界遺産に登録されています。ライン下りは日本人にも人気の観光コースですね。

2015/12/23

ライン下り

マインツから船に乗り、8時45分には出航しましたが、しばらくはポイントが現れません。

やっとそれっぽいのが現れたのが2時間後です。

これはねずみの塔です。

エーレンフェルス城です。

ラインシュタイン城。下で鉄道が走っているのが見えます。

ライヒェンシュタイン城。名前が似てますね。

ライン川中州にある手前のプファルツ城と、後方に見えるのはグーテンフェスル城です。

これが有名なローレライの岩ですが、はっきりいってただの岩です。

猫の城というものですが、どこが猫なのでしょうか。

ラインフェルス城。どうも名前がどれも似てて区別がつけにくいです。


コブレンツ

船はこの先ケルンまで行くのですが、ここで降りて電車でケルンへ向います。この方が遙かに早く、今日中にケルンを観光できてしまうからです。

写真はドイツ統一の記念碑、ドイツェスエックです。

ドイツ統一といっても1990年の東西ドイツ統一ではなく、1871年のプロイセンによるドイツ統一です。


ケルン

世界遺産に登録されているケルン大聖堂です。ゴシック建築の最高峰といえるでしょう。

大聖堂から見たケルンの町並みとライン川です。

大聖堂のそばでストリートアーティストが上手に絵を地面に書いてました。

当時日本にはこのようなストリートアーティストはいなかったので、とても珍しく感じたものです。

 


ドイツの目次へ

ヨーロッパの目次へ

inserted by FC2 system