ソルト・レイク・シティとロッキー山地ほか

1989年12月4日、既にガズデンをたって二日。夜行も2連続の朝7時、コロラド州デンバーについて、買い出しと乗り換えで8時半にはデンバーを出ました。

そのあとはどんどんロッキー山地を登り、その後はアメリカに来て初めて見る、いや人生初の乾燥地帯の荒涼たる風景を見て、あぁアメリカに来ているのだなと、改めて実感したものです。

この日夜にはソルト・レイク・シティについて、1時間程度のトランジットの間にバス・ディーポから行ける範囲で駆け足で写真だけ撮ってきました。

2016/3/31

ソルト・レイク・シティ

ソルト・レイク・シティと言えば知る人ぞ知るモルモン教の聖地。これはその総本山ともいえるソルトレイク寺院です。

この街はユタ州の州都なので、州議事堂が見えました。

クリスマスシーズンということで、いろいろ飾りが綺麗で、とても賑やかでした。


ロッキー山地

デンバーをたってから、どんどん標高をあげ、ロッキー山地ではすっかり雪化粧でした。

 

 


アメリカの荒涼たる大地

 

こちらは既にユタ州の光景。ミール・ストップで止まった場所(正確な場所は覚えていません)から、このような荒涼とした風景が見れました。

 

これまで日本は勿論ヨーロッパも、アメリカ入りした後も基本的に気候的には湿潤地帯を見てきたので、初めての乾燥地帯の光景をみることができました。

 

 


アメリカ合衆国の目次へ

ホームページへ

inserted by FC2 system