モニュメント・バレー

1989年12月21日、グランドキャニオンの観光を終えて、その日の夕方レンタカーでモニュメント・バレー近くのカイエンタまで来て、そこで一泊。翌日朝一でモニュメント・バレーに向かいました。

モニュメント・バレー内は、基本的に車で移動できるので、レンタカーでそのまま回りました。一部車で入れないところがあり、そこは車を降りて歩いて見に行ってます。

昼過ぎにはモニュメント・バレーをたって、メテオ・クレータを見て、フラッグ・スタッフに帰りレンタカーを返しました。この日はフラッグ・スタッフに泊まり、翌日フェニックスに行って、ちょっと砂漠植物園を見た後夜行バスでエルパソを目指しました。

2016/3/21

ミトンズ・ビュー

モニュメント・バレーといえばこの景色というくらい代表的な景色です。

ビジター・センターの真前から見えるので、皆写真を撮ってます。(もっともそれを考えてここにビジター・センターを作ったのでしょうが)

ミトンとは親指だけ分かれた手袋のことです。丁度向って左側が左ミトン、真ん中が右ミトン。一番右はメリック・ビュートです。

皆が記念撮影をする最大のポイントということで。

ちょっと左方も撮ってみました。

左ミトンをアップで撮りました。


スリー・シスターズ

3姉妹ではありません。3人の修道女という意味です。

ベールをかぶった3人の修道女に見えるためこの名がついたとか。

また「W」の形もしているので、「Welcome」の「W」であるとも言われてます。


トーテム・ポール

ナバホの人々が昔から神や精霊が宿ると信じ、彼らはこれをヤイビチェと呼んでいるそうです。


親指岩

形がそのままですね。


らくだ岩

ピントがずれてて残念ですが、ラクダの形が分かるでしょうか。左の方が頭ですね。


ジョン・フォード・ポイント

これも今一ピントがずれてしまったのですが、ここも有名なビュー・ポイントで、映画監督ジョン・フォードが好んで使った風景なので、この名がついたようです。


アーティスト・ポイント

平原が広がるはるか向こうに、モニュメントバレーの巨岩群を眺めることができます。名前の通り芸術性を感じるポイントですね。


インディアン住居

モニュメント・バレーにはネイティブ・アメリカン(所謂インディアン)が実際に沢山住んでいます。これはその一つです。


 

 

砂漠のど真ん中ですが、こんな小川がありました。このあたりは車では入れなかったので歩いてます。


メテオ・クレータ

モニュメント・バレーとは違いますが、その後に行ったのでここに掲載しました。

今から約5万年前に地球に衝突した隕石によって形成されたクレーターです。

 

 

ここでアポロ計画時の訓練をしたとかで、こんなものが置いてありました。最後の地球に帰還するときにつかった宇宙船ですね。

訓練用に使ったもので、実際宇宙には行ってないようです。 


フェニックス

砂漠植物園を見てきました。要はサボテンが沢山ある植物園ということです。

 

 

サボテンをバックにした夕景もなかなか乙なものでした。

 


アメリカ合衆国の目次へ

ホームページへ

inserted by FC2 system