アプリケーションインストール他

2017/10/29


OS設定と並行しつつ、アプリケーションのインストールやその他もろもろの作業をどんどんやっていきました。アプリケーションはかなりのものを数日かけてインストールしているので全ては書きませんし、多くが私の個人的好みの世界もあるので、ここでは主だったもの、またはお薦めのアプリケーションなどの紹介も兼ねて記述したいと思います。


Office 2007インストール(13時47分)

これまでも何度か言及しているようにOffice 2007は家内のパソコン(Windows10 Home)を2017年6月に新調した際、インストールに手こずりました。インストールの最後の方でエラー終了してしまうのです。3回くらい同じことを繰り返しました。2016年12月に息子のパソコンを購入した際は問題なくインストールできたので、必ずしもWindows10でインストールできないということではないですが、何か相性のようなものがあるのかと思いました。

Office 2007はその名の通り、2007年にリリースされた古いバージョンで現在の最新は2016ですが、今でも十分通用するバージョンです。Officeは非常に高価なソフトなので、おいそれとバージョンアップはできません。もうサポート終了もしてしまいましたが、まだしばらく使っていくつもりでいました。またこのころのバージョンは我が家のパソコンすべてにインストールすることが許諾されたものですが、最近は何台にもインストールできないものが多いです。

仕方なく最新版を買うか、それともKingsSoftなどのOffice互換製品にするか悩んでいた矢先に、なぜか突然インストールが成功しました。

[Microsoft Office 2007]

そのようなことがあったので、今回もOSインストール後、各種設定もそこそこに早速新しいPCにインストールしてみました。何のことはない、すんなりインストールできました。まずは一安心です。

エディションはProfessionalなので、ExcelWordPowerPointAccessOutlookなどOfficeの一通りの製品が含まれています。今最新を買うと4万円近くします。サポート終了してしまったので、セキュリティなどを考えると後5年も使うのは厳しいでしょうか、当面はこれで凌ぎます。


Adobe Photoshop 6インストール(13時52分)

Adobe Photoshop 6は15年くらい前に8万円くらい出して購入したのですが、かなり以前にインストールがなぜか失敗するようになってしまっていました。そのため2012年には後述するAdobe Photoshop Elements 12を購入しました。こちらは1万2千円ほどで買えます。機能的には我々の用途であればあまり困ることはありませんが、やはり微妙にElementsではできないこともあって、Photoshop 6が使えればいいなと思っていました。

しかしなぜか1年ほどまえ、突如インストールできたのです。そこでその後息子のパソコンにも、家内のパソコンにもインストールしてみました。これらもすべて成功したのです。

[Adobe Photoshop 6]

このような経緯もあったので、今回もまた昔のようにインストールに失敗するかもしれないという懸念があったので、やはりいの一番に試してみたのですが、これもすんなりインストールできました。

懸念していたアプリケーションのインストールは済んだので、再びOS各種設定の続きとハードウェア関連の残作業に戻りました。


Webブラウザインストール(15時28分)

ハードウェア関連の残作業なども一段落したので、またアプリケーションのインストールを再開しました。あとは特に順番などは気にせず、思いついたものからやっていった感じです。

次にインストールしたのはWebブラウザです。Windowsは既にMicrosoft Internet Explorer 11Microsoft Edgeがプレインストールされていますが、私が愛用しているWebブラウザはGoogle Chromeです。

[Google Chrome]

メジャーなブラウザなら、どれもそんなに不満はないのですが、やはりシェアNo.1ということもあるので、2年ほど前からこちらにしています。その前はMozilla Firefoxを使ってました。いずれも登録ユーザでログインすれば、どの端末でも同じブックマークなどが使えるので、これには重宝しています。

ただこのようなホームページを作っている関係上、いくつかメジャーなWebブラウザで、動作確認、表示確認する必要があるので、やはりMozilla Firefox、及びSafariなどもインストールしました。


各種データコピー(15時45分)

私は過去に撮った写真、ビデオなどは使うパソコン全てに置いてます。いつでも見れるようにしたいのとバックアップの意味も兼ねてです。これらも旧パソコンからせっせとコピーしました。ビデオなどはかなりの容量があるので時間がかかりますが、アプリケーションのインストールなどと並行して実施しています。


プリンタ設定と関連アプリインストール(16時4分)

次にプリンターの設定です。我が家は昔からEPSON複合機を愛用しています。現在はEP-807ABという機種を使っていますが、これを利用するためのドライバのインストールと、関連アプリケーションのインストールを行いました。

複合機なのでスキャナーが使える訳ですが、それを行うEPSON Scan、DVDレーベル印刷を簡単にできるPrint CD、写真印刷時に便利なE-Photoなど、機器に添付されていたCDからインストールしてますが、各アプリケーションやドライバは更新されているので、インストール後ネットで自動で最新版にアップデートしています。


パッケージソフト(16時14分)

次から主に市販パッケージを優先的にインストールしていきました。

主に家内が家計簿をつけるのに使っている「ミラクル家計簿」です。

[ミラクル家計簿 Ver1]

2003年に購入したもので初期バージョンですが、特に不満もないのでずっと使ってます。家計簿をつけるのは家内ですが、私は内容チェックや確認用に利用しています。

 

次にみなさんもご存じ年賀状ソフト「筆まめ」です。このソフトの性質上、年末くらいしか使いませんが、年賀状作成はずっと前から愛用してきました。

[クレオ 筆まめ Ver.17]

1996年に最初にVer7を購入し、ちょうど10年後の2006年に今のVer.17にアップグレードしました。その後また10年以上たってしまいましたが、特に不満はないのでこのバージョンを使い続けています。

これらはパッケージ同梱のCDからインストールしています。


メーラ(16時46分)

この後は主にシャエウェアを優先、フリーウェアは後という感じでしたが、必ずしもそうでもないです。

メーラとして長年愛用してきたのが、OnSystems製のシェアウェア、Datulaです。もうOnSystems社は解散してしまったので、バージョンアップは勿論サポートもないのですが、もうこなれているので大きな不満はありませんでした。

[Datula]

会社ではBeckyを使っていますが、自宅では特に高度な使い方はしませんし、そもそも自宅ではSNSが発展してきている昨今メールでのやりとりは激減しています。そのため特に乗り換えたいという要件が発生しないのです。

なお、私は最初に使ったメーラは、恐らくWindowsについていたMicrosoft Internet MailOutlook Expressだったかと思います。その後すぐにAL-Mailに乗り換え暫く使って、2000年にDatulaを購入してから、自宅でのメーラはずっとこれでした。

特定フォルダ配下をごそっと持ってくれば簡単に移行、同期できるあたりが、複数のパソコンを使う私には便利で、長く使ってこれた理由かもしれません。


ファイラー(16時52分)

ファイラーは当然Windowsにはエクスプローラーがあるのでこれを使っている人が多いでしょう。しかしWindows Vistaのあたりから何か使い勝手が悪くなり、別のファイラーを探していました。そして見つけたのが「Ultra Explorer」というフリーソフトでした。昔のファイルマネージャーのような使い方もでき、非常に重宝していたのですが、如何せんよくハングする、動作が遅いということで、約2年ほど前に新たに見つけたのがフリーソフト「FreeCommander XE」でした。

[FreeCommander XE 2016]

これは非常にお薦めです。とても安定している上、カスタマイズ性も高く、どんどん自分好みにしていけます。海外製ですが、日本語表示もちゃんとするので困ることはありません。

ただカスタマイズ性が高いので、自分好みの設定をするのにはそれなりにやることが沢山あります。旧パソコンの設定を見ながら設定していきましたが何気に時間がかかりました。


ベンチマーク(17時58分)

その後ここでは特に取り上げるほどではないソフトのインストールなどを行いつつ、ふと思いついたのが、今回の自作パソコンのベンチマークです。CPUとかは大したことないのは分かっていますが、真っ先に計測してみたかったのが、今回自作の目玉であるM.2 PCIe SSDの速さです。

ストレージ(ディスク)の性能計測としては定番中の定番、Crystal Disk Markで計測しました。

[M.2 PCIe SSDのベンチマーク]

製品仕様には届いていませんが、十分速いではないですか。少なくとも価格.comのレビューで見た値よりはずっといいです。比較検討したIntel 600pと同等以上の性能も出てます。


ファイル転送ツール関連(18時16分)

SSD性能の良さに気をよくしたので、引き続きアプリケーションのインストールです。ここでファイル転送ツール関連のインストールしています。

私は自宅にもいくつかパソコンがあり、会社パソコンも複数あるので、それらのPC間でファイルの同期をよく行います。その際に昔から愛用しているのが、シェアウェアRcopyです。

[Rcopy v2.5]

このようなツールは他にも沢山あると思いますし、実際あまり性能は良くない(ファイル転送速度は速くない)のですが、ファイル同期ツールとしては必要十分な機能を備えているので1997年以来20年愛用しています。

 

またこのようなホームページ運用に欠かせないのがFTPツールです。これも様々なシェアウェア、フリーウェアあると思いますが、昔から愛用しているのがシェアウェア「NextFTP」です。

[NextFTP v1.88]

ホームページへの転送はローカルから更新のあったものだけ、ボタン一つで転送してくれればそれ以上の機能はいらないので、それができるこのアプリをずっと使ってきました。


Web制作ツール(20時17分)

ホームページ運用と言えばWeb制作ツールは重要です。初めてホームページを作った頃はHTMLをテキストエディタでしこしこタグを一つ一つ書きながら作ったものですが、その後簡易にタグが挿入できる類のツールも出てきました。しかし何といっても完成したWebページのイメージで作成できるホームページビルダーのようなソフトが便利です。

私はMicrosoft Officeの中にあったMicrosoft FrontPage Expressを愛用していました。ホームページビルダーほど高機能ではなかったと思いますが、個人的には機能的な不満は特にありませんでした。しかしそのうちOfficeからなくなってしまったので、しばらくは古いOfficeからFrontPage Expressだけ取り出すようにインストールして使っていました。しかしその後、後継のMicrosoft Expression Webが出ていることを知り、こちらを使い始めました。

[Microsoft Expression Web 4]

ただ私が見つけた時は既に開発終了し、無償化されていました。CSSなどの利用がやりやすく機能的には不満はないので、当面はこれを使っていこうと思っています。勿論このページもこれで作ってます。

ところでこのアプリは、旧PCではなぜかHTMLファイルを開く際に以下のようなエラーが出て開かないことが度々ありました。

[Microsoft Expression Web 4のエラー]

原因はぐぐっても見つからず全く不明。極めて頻度が高く、PC起動後はほぼ80%の確率で発生していました。ただこれが起きた後、PCを再起動するとその直後はほぼ100%起こらないのです。HTMLファイルが開かないと何も作業できないので、これが起こるとPC再起動をしなければならず非常に手間でした。旧PCは再起動にも時間がかかりましたから正直辟易していました。

しかし新しいPCでは一度も起こりません。Windows Vistaが問題だったのか、何らかの問題が旧PCにはあったのか分かりませんが、新PCではこの問題から解放されて、何気に最も大きなPCリプレースの収穫だったかもしれません。

 

自作当日の9月24日(日)にやったアプリケーションのインストールはここまでです。このあとも数日かけていろいろやっていきましたが、一部書いておきたいものを以下に述べます。


BD焼きツール(9月26日)

Blu-rayドライブも2台あり、動画もかなり扱うので、BDやDVDを焼くツールは不可欠です。今愛用しているのはフリーのImgBurnです。海外製ですが、別途日本語化ツールも出ています。

[ImgBurn 2.5.8.0]

現在一番の定番ツールでしょう。単に焼くだけなので、特に高機能である必要はなく、失敗なく焼けることが一番なので、安定したツールであることが重要です。


Adobe Photoshop Elements 12 (9月27日)

前述のようにPhoshop 6がインストールはできたのですが、さすがに古いバージョンなので何気に新しいAdobe Photoshop Elements 12の方がいい場合もあります。それに折角1万2千円で購入しているので当然使います。

[Adobe Photoshop Elements 12]

因みにこのアプリは同じ人が使うなら2台のパソコンにインストールして、サインインができます。私のパソコンと家内のパソコンにインストールしています。ただし同時利用はできません。前述のように同じ人が利用することが想定されているからです。


これでほぼパソコンの利用にあたって必要なことは殆ど終わったのですが、後日談としていくつかあるので、「見直し」と「課題と解決」をご覧下さい。


 
Core-i5自作(2017)のトップページへもどる
 
パソコン自作奮闘記のトップページへもどる
 
inserted by FC2 system