キャッシャブルエリア

1998/07/26



ザ・テスト

 キャッシャブルエリアのテストをするため、メモリ容量のみ変えて試みる。SECチップを使うのでこのチップで問題なく動くよう、全て外部100MHzの3倍、メモリはCPU同期のCL3で行う。

 またテストメニューは変わらないが、方法をちょっと変えてある。Windows立ち上げ後、下記の順序で一気に行う。よって基本的にテスト毎に再起動し、更に何度か行って最も良い結果を記載している本文のテスト結果より、概ね悪い結果になっているが、気にしないでほしい。

 比較のため2次キャッシュOFFも測定している。テスト方法はもちろん上記と同じ。


WinBench98
RAM容量 CPU Mark FPU WinMark Business Graphic Business Disk High-End Graphic High-End Disk
64MB 731 967 120 1020 155 2560
128MB 770 969 119 1030 156 2520
192MB 479 951 93 994 126 2440
128MB L2 OFF 475 949 88 968 117 2340


HDBENCH Ver 2.610
RAM容量 浮動小数点 整数演算 矩形 Text Scroll READ WRITE
64MB 18424 23073 42396 4173 27154 665 8729 8648
128MB 18425 23072 42438 4127 27150 666 8744 8669
192MB 18417 23063 42266 3880 27008 665 8736 8655
128MB L2 OFF 18407 23048 41400 3838 27033 665 8729 8633


メルコベンチマーク
RAM容量 スクロール 画像編集 図形描画 CPU RAM HDD
64MB 2498 1610 1608 2209 890 825
128MB 2497 1591 1613 2184 964 880
192MB 1930 1547 1594 2184 573 574
128MB L2 OFF 1970 1553 1585 2209 581 580


Intel Media Benchmark
RAM容量 Over Video Image 3D Audio
64MB 329 407 1027 180 386
128MB 328 406 1033 178 384
192MB 300 371 935 158 367
128MB L2 OFF 296 369 880 158 358


WinTach
RAM容量 Word CAD SpreadSheet Paint
64MB 478 1855 594 567
128MB 478 1855 594 597
192MB 382 1603 563 540
128MB L2 OFF 366 1352 544 506


CoreTest (MB/sec)
RAM容量    1kB 4kB 16kB 64kB 256kB 512kB 1MB 2MB
64MB READ 1095 1125 1136 330 258 219 195 183
128MB READ 1095 1134 1137 331 272 231 194 185
192MB READ 1095 1131 1143 184 184 184 182 182
128MB L2 OFF READ 1095 1134 1143 184 182 183 182 180
64MB WRITE 1096 1125 1143 188 145 122 108 101
128MB WRITE 1095 1134 1143 187 153 129 107 102
192MB WRITE 1095 1123 1142 101 101 101 100 101
128MB L2 OFF WRITE 1095 1133 1143 103 101 101 100 100


Superπ
RAM容量 104万桁
64MB 9分29秒
128MB 9分29秒
192MB 12分32秒
128MB L2 OFF 12分37秒



テスト総評

 見ての通り、64MB128MBの差は測定誤差程度だが、192MBになるとガタンと落ちる。キャッシャブルエリアが128MBであることがよく分かる。それにしても192MBの結果が、2次キャッシュOFFと殆ど同じとは、Windowsにおいて、キャッシャブルエリア超過メモリ搭載が如何に不利であるかが伺える。


戻る
目次へ

















inserted by FC2 system