ZX-14R 西湖畔での立ちゴケ

2014/6/7


2014年6月1日の富士五湖ツーリングの際、西湖に立ち寄った際、そこを出発する時に立ちゴケしてしまいました。じゃり道で安定してなかったのは確かですが、右足をちょっと滑らせて、そのまま右足で支えきれず、右側にパタンです。

で、またこれが全然起せない。どうしても一人では起せなくて、近く通った車に止まってもらい、手伝ってもらいました。男の方二人が降りてきてくれて、一緒に起してくれました。

横になっていた時間が長かったせいでしょうか。その後なかなかエンジンがかかりませんでした。これは正直焦りました。いくらセルを回しても、うんともすんとも言わない。これはJAFを呼ばないとだめか。でもJAFも来て何するのかな、と思っているうちに何とかエンジンはかかり、その後に何事もなくツーリングを続けました。

実は立ちゴケはこれが初めてではありません。実は前日5月31日に引き回しをしていて、やりがちな自分の反対側(右側)に倒してしまったのです。この時は何と道を歩いていたおじさんがすかさず起してくれました。この時はアンダーカウルがちょっと傷ついただけだったので、軽く塗装してごまかしました。

この日の立ちゴケはそれに続く、連日の立ちゴケという訳です。いやなことは続くものです。

 

折角前日の立ちゴケの後は塗装でごまかしたのに、また同じ部分をガリです。

また転ぶかもしれないから、今度はしばらく放っておこうかな。

マフラーにも傷がつきました。きれいなチタン焼けが損なわれます。

ミラーも暫くこのままかな。


inserted by FC2 system