ZX-14R 外付けヘルメット・ロック(ホルダー)装着

2014/7/7


ZX-14Rはノーマルのヘルメットホルダーがことの他、使い勝手が悪いです。シートを取り外して使う形だからです。

このようにシートを取りはずとと左右にホルダーがあり、ここにヘルメットを引っ掛けて、シートを再装着することでシートによって施錠される訳です。

シートが開閉式なら、全く問題無かったと思いますが、脱着式なので取り外したシートはどこかに置かないといけません。通常は地べたに置くほかないでしょう。脱着が意外とやりにくいだけでなく、US仕様のシングルシートカバー(FRP製)があって、地面に置くとそこが接地するので、が付くのが気になります。何か敷いて置きたいところですが、出先でそんなことをしてられません。結局面倒なので、余程長時間バイクから離れることがない限り、ヘルメットはミラーに掛けておくか、心配なら持っていきます。

この不便さを解消してくれる便利なアイテムがありました。外付けのヘルメット・ロック(ホルダー)が市販されているのです。

[キジマ製ヘルメット・ロック]

キジマから販売されていたので、早速amazonで購入しました。価格も税込み2786円とリーズナブルです。2014年6月3日(火)のことです。

ところでこのアイテムを検索するとキーをワンキー化したというブログが見つかりました(ZX−14R ヘルメットロック(ヘルメットホルダー)ワンキー化 その1)。これは実に面白い。市販のヘルメット・ロックを購入すれば、必然的にそのキーはメンキーと違うものにならざるを得ません。キーをもう一つ余計に持ち歩くことになるのは当然のこととして受け止めていましたが、こんなことができるとは。全く想定していませんでした。

これは是非とも購入したヘルメット・ロックでも試してみようと思いました。上記サイトは非常に詳しく書かれており、難易度も分かりやすかったです。少なくとも不器用な私でも簡単にできそうな期待を持たせるには十分でした。他にもいくつかサイトがあり、いろいろな人が取り組んでいました。どうもこれは一般的な手法のようです。

ところが〜〜

非常に気なることがでてきました。上記ブログを初め、ワンキー化しているサイトを読むとキジマのヘルメット・ロックではなく、Kawasaki純正のものを使っています。よくよく調べてみるとKawasakiからも外付けヘルメット・ロックが発売されていたのです。というか2013年式からアジア仕様はこのヘルメット・ロックが標準で装備されるようになりました。更に言うと元々2011年式のZZR1400までは標準装備されていたので、それが復活したということでした。

[2013年式に復活したヘルメット・ロック]

つまりオプション部品ではなく、標準部品として存在していた訳です。2012年式の我がZX-14Rにも2013年式以降のこの純正ヘルメット・ロックが装備可能なのです。

純正品なので、鍵のベース形状や幅、長さなどの寸法が完全にマスターキーと同じで、ギザギザ部分キーウェイというらしい)だけが違うのでワンキー化が容易なのです。勿論キジマのヘルメット・ロックのキーもKawasaki純正メインキーとベース形状や寸法が同じに作ってあれば、ワンキー化は可能です。しかしまさにキジマのキーはベース形状が違う(段差の向きが違う)ため、ワンキー化を断念したというブログも見つけてしまいました。(ヘルメットロックワンキー化?

が〜〜ン!

これに気が付いたのはキジマのものを注文した直後です。このままワンキー化を諦めて、これを使うか。すぐさま返品して、Kawasaki純正を買い直すか。まあキーはメインキーの他、バイク盗難防止のチェーンロックのキーなど複数のキーはいつも持ち歩いていて、一つ増えてもそれ程困る訳ではありません。ワンキー化で劇的に便利になるという訳ではないのですが、このワンキー化作業をやってみたいという興味がありました。

ただ本当にキジマのキーでは不可能なのか、物が届いてから確認はしたいと思っていました。別のサイト(「ヘルメットホルダーの純正キー変更」)ではZZ-R1400時代のヘルメット・ロックをワンキー化した例が載っていました。ZZ-R1400とはキーのベース形状や寸法が異なっていて、鍵穴側も削って対応しています。ベース形状の段差の向きが違う場合は致命的ですが、これさえ同じであれば、多少であればキーウェイ以外の違いも吸収できそうだったからです。


注文の翌日(6月4日(水))には届きました。さすがamazonは早いですね。

梱包の外からではキーがよく見えませんでした。仕方なく元に戻せるよう丁寧に開封してキーを取り出しました。

ベース形状はバイクのマスターキーとほぼ同じでした。少なくとも前述のサイト(ヘルメットロックワンキー化?」)で言われているように段差の向きが違うということはありません。

左がキジマのキーで、右がバイクのマスターキーです。ベース形状は段差の向きは勿論幅などもほぼ同じですが、長さがかなり違います。

キーウェイ部分の長さが全然違います。

ちょっとこれでは、初めて実施するワンキー化にトライするにはリスクが大き過ぎます。綺麗に梱包し直して、返品することとし、すぐさまその足でKawasaki純正のヘルメット・ロックを注文しに行きました。付属品を含め価格は4,466円とキジマのものよりは高いです。いつものKawasaki代理店誉ファクトリーです。

部品番号 部品名 税込単価(税抜) 代表機種
27016-5379 ロツクアツシ,ヘルメツト 3,797(3,516) ZX1400EDF
92172-0835 スクリユ-,ヘツクスローブ,6X35 86(80) ZX1400EDF
13272-1460 プレ-ト,ヘルメツト ロツク 583(540) ZX1400EDF

綺麗に梱包し直したとは言え、よく見れば開封の後は分かります。返品に応じてくれるか分かりません。返品に応じてくれても、その送料は自己負担です。しかし、もはやワンキー化の利便性や費用云々よりも、この作業に是非ともトライしたいという気持ちを抑えることができなくなっていました。


これも注文の翌々日(6月6日(金))にはバイク屋に届き、その日に取りにいきました。

左の箱がヘルメット・ロック・アッシーです。

右上が取り付け時に利用するベースプレートで、右下が取り付けネジです。

箱を開けると、ヘルメット・ロック本体とキーが出てきます。

 


ワンキー化作業

さていよいよワンキー化挑戦です。うまくできるかなぁ? その詳細は以下のページに譲ります。

外付けヘルメット・ロックのワンキー化


車体取り付け

ワンキー化が無事終わり、最後に車体への取り付けです。取り付けにはロック本体の他、次の部品が必要です。
ロック本体の下に敷くプレートと取り付けネジです。

正直なぜプレートを敷く必要があるのか、よく分かりません。しかし詳しく後述しますが、事実としてヘルメット・ロック本体の突起部分と車体フレーム側にある穴の位置が合わないので、このプレートを敷かないとうまく収まりません。

このヘルメットロックはZX-14R用に作ったものだと思っていたので、なぜフレームの穴と合わせてないのか不思議でした。

しかしいろいろなことを総合すると、どうもこのヘルメット・ロック本体はZX-14R専用ではなく、汎用部品のようなのです。

いずれにしてもこのプレートを本体の下に敷いて取り付けますが、その作業を見てみましょう。

シート左下に、元々ヘルメット・ロック用に用意されたスペースを隠すためのカバーがあります。

わざわざこんなカバー付けないで、初期型(2012年式)からヘルメット・ロックを標準で付けてくれれば、こんな苦労しなかったのに。。。

 

 



カバーを外すとヘルメット・ロック用のスペースが現れます。

ここでロック本体の突起を収めるためのフレーム側の穴の位置に注目して下さい。見るからにこれではうまく収まらないことが分かると思います。

フレーム側の穴のすぐ横にがありますが、ロック本体の突起が中央にあるため壁がじゃまして、突起を穴に差し込めません。

そのため前述のプレートが必要になるのです。このプレートをロック本体の下に敷くことによって、ロック本体の突起をないもののようにできるのです。

このことから、明らかにこのロック本体はZX-14R専用ではないことが分かります。

そもそも突起は安定的にフレームに取り付けるためにある訳ですが、それを無効にする対応をするなど考えられません。

何でこんなもの汎用部品化して、ケチるのでしょうか。曲がりなりにもフラッグシップ機ですよ。Kawasakiのコンセプトを疑います。

因みに2011年式までのZZR1400用のヘルメット・ロックであれば、フレームの穴とロック本体の突起が合うのでそのまま装着できます。

ZZR1400用ヘルメット・ロック
突起が端に寄っているので、壁がじゃまにならずフレームの穴にしっくり収まります。

穴だけでなく、形もフレームの壁とぴったり合います。

どうして同じ形でZX-14R用を作らなかったのでしょうか。非常に疑問です。


どんな事情でこんなおかしなことになったのか分かりませんが、事実プレートを敷かないと取り付けられないので、敷いて取り付けます。

尚、ネジはヘックスローブ(トルクス)ネジなので、工具は必ずヘックスローブ(トルクス)ネジ用ドライバを使って下さい。

[ヘックスローブ(トルクス)ネジと専用ドライバ]

私は今回の作業をするまで、実は勉強不足でヘックスローブネジなるものを知りませんでした。これはネジ頭が六角の星型をしたもので、ネジ頭を舐める原因となるカムアウト現象を回避するよう工夫されたネジなのですが、やはり間違った使い方をすると舐めます。

「ZX−14R ヘルメットロック(ヘルメットホルダー)ワンキー化 その3・・取り付け」では車載工具にある六角レンチで締めることができたと書いてあったので、六角レンチを使ったところ、簡単にネジ頭を舐めてしまいました。

[舐めてつぶれたネジ頭]

騙されました。よくよく調べるとヘックスローブ(トルクス)ネジは、正しく使えば決してネジ頭を舐めることはないのですが、合わないサイズを使かったりすると、やはり舐めてしまうようです。六角レンチなど別規格の道具を使うなど、もっての外のようです。当該サイトの著者も私同様ヘックスローブネジのことを知らなかったのでしょう。確かに六角ということでは同じなので、何となく六角レンチが使えそうに見えますし、事実当該サイトの例の場合、たまたまうまくいってしまったようです。

ネジを締めている途中でネジ頭を舐めてしまい、それ以上締まらなくなりました。

とりあえず取り付けました。しかしネジが奥まで締まってないのが写真で分かるでしょうか。

そのため写真では分かりませんが、ロック本体が少々ガタツいたままです。

それ程力がかかるところではないので、これでも大して支障はないのですが、どうも気分がよくありません。

ネジ頭舐めをした時の対策として、よくインパクト(ショック)ドライバーを使います。しかしインパクトドライバーはプラスネジかマイナスネジの時くらいしか普通は使いません。果たして六角穴ネジに使えるのか。安いインパクトドライバーを買ってきて試しましたが、案の定だめでした。というよりこの時点でも私はこのネジがヘックスローブネジであることを分かってないので、依然六角穴用工具でトライしていたためです。まあインパクトドライバーはあってもいいものなので無駄な買い物ではありませんが、それもで少々悔しいです。

このまま少々のガタツキを我慢するか、バイク屋にでも行って相談するか。

ヤフー知恵袋で六角穴ネジのネジ頭が舐めた場合の対処法の質問を見つけました。そこでは六角の星型レンチを使うといいというようなことが書いてありました。ヘックスローブとかトルクスという単語が使われていませんでしたが、明らかにヘックスローブレンチの使用を勧めていたのです。ただそれは数ある解決法の一つとして書いてあり、そもそも私と完全に同じ症状なのかも分からないので、この方法で解決するのかあまり確信が持てませんでした。やはりバイク屋に相談するのが一番いいかと考えていました。

それでも六角星型レンチのことが気になり、近所のホームセンターで探しました。すると六角で星型をしたレンチがありました。それはトルクスレンチとかヘックスローブレンチと書いてありました。帰ってWebで調べ、ここで初めてヘックスローブネジのことを知ったのです。それでもまだこのネジ自体がヘックスローブネジであると思っていないので、このレンチで解決するとは思えません。たとえ分かっていても、既に六角棒レンチを使ってネジ頭を舐めてしまっているので、正しい工具を使っても解決しないかもしれません。

しかし別のホームセンターに行く機会があったので、やはりヘックスローブレンチを調べたところ、7種類のサイズがあるヘックスローブのビットセットが848円で売っていました。これなら買ってもいいかなと思いました。しかしインパクトドライバーのこともあるので、すぐには決断できませんでした。それでも848円なら、一回外食を我慢すればいいと思い、思い切って購入しました。

[購入したヘックスローブのビットセット]

ただし通常ヘックスローブドライバーは、プラスドライバーのようにカムアウト現象を防ぐため強く押しながら回す必要がないのですが、既にネジ頭を舐めてしまっているので、強く押しならが慎重に締めなおしました。その結果しっかりと締めることができました。

やれやれネジ一つ締めるのに苦労しました。

これで完成!

その後今回購入したこの部品(ネジ)の名前を確認したところ、「スクリユ-,ヘツクスローブ,6X35」とあるではないですか。この時初めてこのネジがヘックスローブネジだったことを知ったのです。この部品を購入した時点では、ヘックスローブを知らなかったので、この名称を読んでも何も感じませんでした。

今回の試み(外付けヘルメットロック装着)で一番の収穫は案外ヘックスローブ(トルクス)のことを知ったことかもしれませんね。笑

 


ZX-14Rトップページへもどる
 
私の愛車トップページへもどる
 
ホームページへもどる
inserted by FC2 system