Kawasaki Ninja ZX-14R 細部

2017/5/17


 エンジン

フルカバードカウルのためエンジンは外観からは殆ど見えません。そのためWebからスケルトン写真を拝借してきました。

DOHC並列4気筒は40年前の登場。その後4バルブ化、水冷化を図りましたが基本構成はあまり変わってませんが、電子制御は著しく進化しています。

高スペックのKTRC(カワサキ・トラクション・コントロール)を搭載していて、ライディング状況に応じた3つのモードによって、スポーツライディングでのパフォーマンスや滑り易い路面でも安定した車体挙動を維持することが可能。

一応現時点(2014年時点)で市販車世界最強のエンジンです。

 

 ラジエターファン

写真ではよく分かりませんが、ラジエターのファンは2つ付いてます。

 フレーム

フレームはアルミのモノコック。エンジン幅が広い並列4気筒の場合、このタイプが多いです。エンジンも強度メンバーになっています。

 ノーマルマフラー

巨大な容量を確保しつつ、バンク角を稼ぐために五角形となっています。

それにしてもでかいマフラーです。音については、ノーマルなので勿論大きくはありません。YouTubeにアップしたので聴いてみて下さい。特にコメントないですよね。

そんな訳で今は社外マフラーに変えています。それはこちらをどうぞ。

 フロントタイヤ

ホイールの17インチは常識。フェンダーもフルカバードです。

タイヤサイズは120mmでメーカー、銘柄はメッツラーSPORTEC M5 INTERACTです。

 フロントブレーキ

ブレーキはニッシン製。4ピストンタイプのラジアルマウントのキャリパー。

ディスクロータは外径310mmの流行のペタル(ウェーブ形状)ディスクです。

 フロントフォーク


フロントフォークは当然倒立フォークですが、カウルに隠れて覗き込まないと分かりません。

減衰力調整アジャスターがトップにあります。

 リヤタイヤ

190mmと以前乗っていたZX-12Rの200mmよりは細いのですが、極太には変わりません。

80年代に一挙に太くなっていったロードスポーツのリヤタイヤ。2000年に前述のZX-12Rで200mmに達して頭打ち。その後は大体180mm、190mmで落ち着いたようです。

 リヤブレーキ

250mmペタルディスクとツインピストンキャリパーを組み合わせています。

 リヤショック

 

  ステップ回り

ステップ回りは特に特徴はありません。

 ヘッドライト

どなたかがナウシカのオウムみたいと言ってましたが、確かに似てるような。

先代のZZR1400Rよりはずっと精悍でかっこいいです。

上がハイビームにした場合の6灯で、下が通常状態の4灯です。

 テール

テールライトは先代のZZR1400から好評だったV字型を踏襲。

 シート

シングルシートカウルはZX-14Rでも北米仕様だけのアイテムです。

 シート下

はっきり言って積載性はゼロです。小物入れすらありません。

たださすが最近のバイク。ETC本体を搭載するスペースの確保はしてあったので取り付けました。

[ノーマル状態の写真]

  タンク

ガソリンタンク容量は22リットル。容量も結構あり、さほど燃費も悪くないので中々航続距離も長いです。

ただ前方部分は樹脂製なのでマグネット式タンクバッグはそのままでは付けられません。

 インパネとスイッチ


現在のバイクは本当にインパネの情報が豊富です。

中央の液晶画面には燃料計、水温計、オドメーター、トリップメーター、ギヤポジション、時計といった一般的情報に加え、燃費情報(瞬間、平均)、外気温、電圧計、トラクション情報など盛りだくさんです。

勿論一度に全ての表示はできないので、左ハンドルにあるスイッチ(中央に「SEL」と書いたボタンのあるスイッチ)で切り替えます。ハンドル近くにある上、直感的に操作できるので走行中でも簡単です。

スピードメーターとタコメーターはアナログ式。スピードメーターは北米仕様なのでメートルとマイル表示の併記です。

あと中央の液晶画面がスイッチオンの際にちょっとかっこいいアニメーションをします。それをYouTubeに上げているのでご覧下さい。

右ハンドルはキルスイッチとホーンだけのシンプルなものです。

 バックミラー

フルカウルのミラーは見難いと思っていたのですが、ことの他見易いです。

 アンダーカウル

北米仕様の特徴の一つ、アンダーカウルです。他の仕様地のものは代わりにセンタースタンドがあります。

 車名エンブレム

テールカウルに車名のエンブレムがあります。

先代のZZR1400の時から北米仕様はZX-14という名称でしたが、これにRをつけ、正式には頭にNinjaが付いたのが、2012年式からの正式な名称です。

ただ欧州仕様は今でもZZR1400といいます。

 Ninjaエンブレム

フロントカウルにNinjaのエンブレムがあります。

ZX-14Rは仕様地に関わらず「Ninja」のペットネームがついています。

  ETCアンテナ

ETCは別体型を選んだので、アンテナを左ハンドルの取り付け箇所に付けました。

  外付けヘルメット・ロック

純正のヘルメットロックは使い勝手が悪いので、外付けのヘルメット・ロックをつけました。

詳しくは外付けヘルメット・ロック(ホルダー)装着をご覧下さい。

 

 



inserted by FC2 system