Kasawaki Ninja ZX-12R 社外サイレンサー

2012/12/29


 BLUE FLAME

イギリスのメーカ、Blue Flameのスリップオン・サイレンサー。日本ではホットバンクが扱っています。

チタン焼けを施したフレームチタン製、形状はオーバル(楕円)で、かつツインポートという一番高いやつです。定価は81,000円。ヤフオクで半額以下の37,500円で落としました。1月12日(日)に落札、15日には届き、18日に装着しました。

ただチタンが使われているのは外筒だけで、中身は殆どステンレス製。だから結構重たいです。

 

音質は低回転ではやや低音、高回転ではややかん高いレーシーな音でした。音量は車検非対応の120dBほどあり、今数あるZX-12R用のマフラーの中では最も音のでかいマフラーのひとつ。

とにかく爆音なので、みんな道をあけてくれました。低速でもいい音がするため、どんな時でも音に酔えました。

レース用なので性能は勿論抜群。かつノーマル並みに乗りやすいからずごい。バッフル無しのトリック・スターに似てましたね。

この角度だとオーバル(楕円)形状であることがよく分かります。オーバルであることが性能にどう影響があるのか知りませんが、高性能サイレンサーはオーバルであることが多いです。

ポートもツインポートでした。

TRICK★STAR

トゥルー・ブルーが開発、販売するのがTRICK★STARブランドのスリップオン。定価68,000円。ライコランドで1割引で買いました。10月6日(日)に注文して、翌日に届きましたが、12日(土)に取り付けました。

ZX-12R用は非常に人気が高かったです。性能グッド、音質も音量もそこそこで、何より乗りやすさが抜群なのが人気の秘密だったようです。

フルチタンなのでとても軽いし、仕上がりがとても綺麗でした。

 

排気ポートには取り外し可能なバッフルが付いていて、これをつけていると車検クリアの97dB。外すと多分100dB超えてたと思います。

爆音派はバッフルを外してました。ただしバッフルを付けた方がずっと乗りやすい。このあたりは音量と乗りやすさのトレードオフです。尚バッフルは5mmのヘキサゴンレンチで1分で取り外しできました。

ただ私はバッフル無しでもその音量に飽き足らず、上のブルー・フレームに変えちゃった訳です。

 ノーマル

一応上の社外サイレンサーと比べるためにここにも載せます。如何にでかいかが分かりますね。

 



もどる
inserted by FC2 system